記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全15件中)

Ⅱ 糖尿病性腎臓病 Clinical 2020 ~Current and Future Therapeutic Strategies~

新規DKD治療薬としてのASK1阻害薬(selonsertib)への期待

Pharma Medica Vol.38 No.9, 63-67, 2020

糖尿病性腎臓病(diabetic kidney diseases:DKD)は,わが国において末期腎不全に至る割合が最も多い原疾患である。DKDの発症・進展に...

ショウジョウバエにおける細胞老化とSASPの制御機構

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.3, 24-29, 2019

細胞老化は細胞周期が不可逆的に停止する現象であり,Hayflickによるマウス線維芽細胞の長期培養実験によって見出された1)

核内受容体を標的とした胆汁酸代謝治療薬の展望

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.2, 30-35, 2019

核内受容体は,遺伝子の転写活性を制御している転写因子である。ヒトでは48種類報告されており,7つのサブグループ(NR0~6)に分け...

ハエからみた細胞老化

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 43-48, 2017

細胞老化は,がんの進行に対して抑制的にも促進的にも働くと考えられている。我々は,ショウジョウバエを用いて腫瘍の悪性化メカニズ...

多発性骨髄腫新規治療薬の作用機序

Trends in Hematological Malignancies Vol.5 No.1, 8-11, 2013

「骨髄腫細胞に対するボルテゾミブの作用機序」プロテアソーム阻害薬であるボルテゾミブは, 蛋白分解酵素を有するサブユニットの中で...

シグナル伝達異常とバイオマーカー探索

The Liver Cancer Journal Vol.4 No.1, 35-39, 2012

「Summary」慢性炎症が発癌を引き起こすことはよく知られているが, その分子機序はわかっていない. 発癌において遺伝子変異の重要性...

核:転写因子の核内輸送と糖代謝調節

―膵β細胞を中心に―

Diabetes Frontier Vol.20 No.2, 229-233, 2009

「はじめに」2型糖尿病の発症には遺伝素因と環境因子が関与するが, それらが揃ったからといって, 即座に著しい高血糖を伴う糖尿病に...