記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

1 - 10件目 (全28件中)

アトピー性皮膚炎に対するデルゴシチニブによる治療

Pharma Medica Vol.39 No.7, 51-54, 2021

アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis:AD)の病態は2型免疫応答が優位であり,インターロイキン(IL)-4,IL-13による炎症が関与してい...

アトピー性皮膚炎に対するデュピルマブによる治療

Pharma Medica Vol.39 No.7, 47-50, 2021

アトピー性皮膚炎は,増悪・寛解を繰り返す瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり,その病態は,皮膚バリア機能異常,炎症,瘙痒・...

アトピー性皮膚炎におけるIL-33と2型自然リンパ球

Pharma Medica Vol.39 No.7, 29-32, 2021

免疫反応には自然免疫と獲得免疫がある。この違いは抗原が必要かどうかであって,獲得免疫ではダニやスギといった抗原が必要であり,...

これがアトピー性皮膚炎と乾癬の合併だ!

皮膚アレルギーフロンティア Vol.19 No.1, 49, 2021

アトピー性皮膚炎(AD)と尋常性乾癬(Pso)は代表的な慢性炎症性皮膚疾患である.ADでは2型ヘルパーT(Th2)細胞からの産生を中心と...

3 IL-31とIL-33,どちらが要か:かゆみ

皮膚アレルギーフロンティア Vol.19 No.1, 17-20, 2021

アトピー性皮膚炎(AD)のかゆみの本態は長らく不明であった.しかし近年,かゆみのメディエーターとしてサイトカインが,なかでもIL...

2 IL-4とIL-13,どちらが要か

皮膚アレルギーフロンティア Vol.19 No.1, 11-15, 2021

アトピー性皮膚炎(AD)はかゆみを伴う湿疹を呈する疾患の代表であり,増悪と寛解を繰り返す.患者の多くがいわゆる「アトピー素因」...

病原性Th2細胞

鼻アレルギーフロンティア Vol.20 No.1, 14-15, 2020

アレルギー疾患の病態形成には,多くの免疫細胞,組織構成細胞が関与していることは広く知られているが,近年の科学技術の進歩により...

4 サイトカインからみたアトピー性皮膚炎

皮膚アレルギーフロンティア Vol.17 No.1, 27-33, 2019

アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis;AD)の病態は,皮膚バリアの破綻と,Th2型サイトカインの過剰産生で特徴付けられる.ADは,外...