記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全14件中)

喘息病態研究におけるトピックス

Pharma Medica Vol.37 No.3, 23-27, 2019

近年,気道上皮細胞が物理的・化学的バリアとして生体防御に機能するだけでなく,外界からのさまざまな刺激に反応して種々のサイトカ...

血小板と気管支喘息

THE LUNG perspectives Vol.25 No.4, 38-41, 2017

血小板は生体内止血において,中心的役割を果たす血球成分である。しかし近年,止血のみならずサイトカインなどの生理活性物質を産生...

IL-33と気道炎症

THE LUNG perspectives Vol.25 No.4, 33-37, 2017

上皮細胞は細胞間の密着結合(tight junction)の形成によるバリア機能により,体外からの抗原の侵入を防ぐ。何らかの要因によってバ...

気道粘膜バリアの二面性

―異物排除とアレルギー疾患誘導について―

THE LUNG perspectives Vol.25 No.4, 9-13, 2017

気道の上皮細胞は,外界からの異物進入に対して物理的なバリアとして働く。さらに,気管内は各種腺細胞から分泌される粘液に覆われて...

序文

THE LUNG perspectives Vol.25 No.4, 8, 2017

本号は免疫学の特集である。感染症,腫瘍,炎症(免疫学的異常),形態異常,代謝異常。呼吸器病学は,多くのサグループ疾患から...

肥満細胞とIL-33

Mast cells and IL-33

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.2, 25-29, 2016

「Summary」肥満細胞は,補体受容体やToll様受容体などを介した自然免疫応答に依存した経路や,IgGやIgE受容体を介した獲得免疫応答...

第57回 グループ2自然リンパ球(ILC2)の制御機構の解明

The regulation of group 2 innate lymphoid cells

THE LUNG perspectives Vol.24 No.1, 88-93, 2016

「歴史的背景」従来,アレルギー疾患では,獲得免疫系のTh2細胞が病態形成に重要な役割を担っていると考えられてきた。Th2細胞が産生...

ILC2

Type2 innate lymphoid cell (ILC2)

皮膚アレルギーフロンティア Vol.13 No.2, 44-45, 2015

Type2 innate lymphoid cell(ILC2)は,IL-25やIL-33などのサイトカインに反応してIL-5やIL-13などのTh2サイトカインを産生する新し...

IL-33による自然リンパ球活性化とアトピー性皮膚炎

IL-33 activates group 2 innate lymphoid cells and elicits atopic dermatitis

皮膚アレルギーフロンティア Vol.12 No.2, 48-49, 2014

IL-33は細胞の核に局在するIL-1ファミリーのサイトカインである. IL-33は刺激や細胞の破壊に応じて細胞外に遊離され, さまざまな細胞...