記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全84件中)

Ⅰ.一般住民コホート研究

2.Japan Public Health Center-based Prospective Study(JPHC Study)

The Lipid Vol.30 No.3, 19-25, 2019

多目的コホート研究(JPHC Study)は,1990年に開始した10都府県11保健所管内の40~69歳の地域住民14万人を対象人口とした前向き追跡...

心血管病変と喫煙―注目される新知見―

THE LUNG perspectives Vol.27 No.1, 53-56, 2019

喫煙によって活性酸素やフリーラジカルが負荷され酸化ストレスが増大すると,一酸化窒素の減少による血管内皮機能障害,血管平滑筋細...

Ⅱ.各論

6.タンジール病の過去・現在・未来

The Lipid Vol.30 No.1, 79-86, 2019

タンジール病は,HDLコレステロール値とアポリポ蛋白A-1値の著明な低下およびオレンジ色の扁桃腫大,中等度の肝脾腫,末梢神経障害な...

Ⅱ.各論

5.家族性LCAT欠損症の過去・現在・未来

The Lipid Vol.30 No.1, 71-78, 2019

HDLの機能に必須なレシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)の欠損によって発症する先天性脂質異常症として,家族性L...

9. 糖尿病でみられる脂質異常症と心臓血管病

The Lipid Vol.29 No.4, 72-84, 2018

糖尿病や耐糖能異常を有する患者がわが国では著しく増加しており,その管理と適切な治療は重要である.糖尿病合併症の発症・進展防止...

7. HDLコレステロールと心臓血管病

The Lipid Vol.29 No.4, 58-63, 2018

HDLコレステロール値は,心臓血管病と逆相関は認められるものの,動脈硬化の発症や進展との直接的な因果関係については種々の薬剤を...

5. non-HDLコレステロールと心臓血管病

The Lipid Vol.29 No.4, 45-49, 2018

non-HDL-Cは,LDLだけでなく,レムナントやsmall VLDL,Lp(a)など,アポB含有リポ蛋白のすべてを反映する指標である.心血管疾患の...

臨床 脂質異常症と動脈硬化性疾患の疫学研究

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.2, 23-26, 2018

脂質異常症,特に高コレステロール血症は,動脈硬化性疾患の重要な危険因子である。久山町研究によると,過去50年間に高コレステロー...

演繹から帰納へ

―non-HDL コレステロールの強み―

The Lipid Vol.29 No.3, 1, 2018

論理思考の進め方に,演繹と帰納という方法論がある.前者は“与えられた命題から,論理的形式に頼って推論を重ね,結論を導き出すこ...

HDLの抗動脈硬化作用を評価する

―CETP阻害薬開発中止から学ぶもの―

Pharma Medica Vol.36 No.10, 39-50, 2018

低HDLコレステロール(HDL-C)血症は冠動脈疾患の独立した危険因子であることは,数多くの疫学研究によって証明されてきた。そのメカニ...