記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全16件中)

新しいDIC診断基準

Coagulation & Inflammation Vol.2 No.1, 3-9, 2016

「はじめに」播種性血管内凝固症候群(DIC)の診断基準としては、旧厚生省DIC診断基準(旧基準)、国際血栓止血学会(ISTH)DIC診断...

第25回バイオメディカルフォーラム Session 2 一般演題「ATⅡは必要か」原著 重症敗血症における旧厚生省DIC診断基準からみたATⅢ製剤の有効性―血栓止血学会DIC診断基準暫定案による追加検討―

Efficacy of ATⅢ evaluated by the Japanese Ministry of Health and Welfare DIC criteria in Severe sepsis

バイオメディカル Vol.25, 20-24, 2015

「要旨」滋賀医科大学附属病院集中治療室に入室した重症敗血症患者のうち,急性期DIC診断基準およびAT活性≦70%を満たした21症例に対...

第25回バイオメディカルフォーラム Session 2 一般演題「ATⅡは必要か」総説 感染性DICにおいてAT製剤,AT活性測定が必要である

Antithrombin and antithrombin activity are essential for the management of septic DIC.

バイオメディカル Vol.25, 15-19, 2015

「要旨」感染性DICではAT活性が低下し,その値,たとえば50%未満の場合には予後不良などと,重症度の指標となるという報告が多数な...

周産期DICを考える

Fetal & Neonatal Medicine Vol.7 No.2, 8-15, 2015

周産期の出血は容易に播種性血管内凝固症候群(DIC)に進展するが,新生児・産科領域ともにその病態は一般のDICと比較して特異的であ...

Session 2「Antithrombinの新たなる展開を探る―DICの治療薬剤をATⅢ中心として検証する― 」総説 敗血症性DICにおけるAntithrombin製剤の効果と急性期DIC診断基準の有用性に関する検討

バイオメディカル Vol.22, 54-58, 2012

「要旨」日本救急医学会の急性期DIC診断基準による, 敗血症性DICに対するAT製剤の治療効果や病態に関する報告は少ない. 一方, SSCGに...

Session 2「Antithrombinの新たなる展開を探る―DICの治療薬剤をATⅢ中心として検証する― 」原著 敗血症性DIC発症時のATⅢ活性が転帰に及ぼす影響

バイオメディカル Vol.22, 47-53, 2012

「要旨」【背景】2001年にPROWESS trialとKyberSept trialの結果が相次いで報告され, 重症敗血症における凝固異常に一層注目が集まっ...