記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

1 - 10件目 (全11件中)

肥厚性瘢痕の新たな予防方法と考え方

Bella Pelle Vol.3 No.4, 50-53, 2018

肥厚性瘢痕は創傷の炎症が長引く場合に起こりやすく,しばしば引きつれや機能障害をもたらす.その治療は従来,おもに保存的治療が行...

臨床的総説;尿崩症診断の現在と将来

Current state and future perspectives in the diagnosis of diabetes insipidus; a clinical review. Fenske W, Allolio B. J Clin Endocrinol Metab 97: 3426-3437, 2012

Fluid Management Renaissance Vol.4 No.1, 78-79, 2014

「要約」著者らは, PubMedとThe Cochrane Libraryに2012年1月までに報告されたデータベースをもとに15の論文を分析した. 尿崩症(DI)...

中等度~重度のがん性疼痛と腎機能障害患者に対するオピオイド使用に関するシステマティックレビュー

King S, Forbes K, Hanks GW, et al : A systematic review of the use of opioid medication for those with moderate to severe cancer pain and renal impairment: a European Palliative Care Research Collaborative opioid guidelines project. Palliat Med 25 : 525-552, 2011

がん患者と対症療法 Vol.23 No.2, 76-77, 2012

「背景」 腎機能障害を有する患者にオピオイドを使用することは, 副作用を増加させることにつながる. オピオイドは, 腎機能障害患者...

がん患者におけるオピオイドによる嘔気・嘔吐への対処:系統的レビューとエビデンスに基づいた推奨

Laugsand EA, Kaasa S, Klepstad P : Management of opioid-induced nausea and vomiting in cancer patients: systematic review and evidence-based recommendations. Palliat Med 25 : 442-453, 2011

がん患者と対症療法 Vol.23 No.2, 74-76, 2012

「はじめに」 嘔気・嘔吐に対処するためのガイドラインは多く存在するが, いずれも十分なエビデンスに欠けたり文化的・社会経済的因...

全文記事

ビタミン摂取と骨折・骨粗鬆症

―疫学―

THE BONE Vol.22 No.1, 19-28, 2008

ビタミンの骨代謝への臨床的影響がよく知られているのはビタミンD, C, Kであるが, 他のビタミンも多くの酵素反応に関わっており, そ...

全文記事

椎体骨折 危険因子

THE BONE Vol.21 No.2, 51-53, 2007

骨粗鬆症による骨折のうち最も頻度が高いと考えられる脊椎椎体骨折の予防のためにその危険因子を明らかにした. 「骨粗鬆症の予防と治...