記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 7件目 (全7件中)

腸脳連関と生活習慣病

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.6, 81-91, 2018

消化管には全身の免疫担当細胞の約8割が集結している上,消化管自身が多彩なホルモン・生理活性物質を産生する内分泌臓器であり,血...

6. 脂質代謝と心臓血管病における腸内細菌の役割

The Lipid Vol.29 No.4, 50-57, 2018

腸内細菌は,一次胆汁酸の脱抱合,脱水酸化反応を担っており,無菌状態では二次胆汁酸がほとんど存在しない.無菌マウスの解析により...

3 動脈硬化と腸内フローラ

THE GI FOREFRONT Vol.13 No.1, 29-32, 2017

近年,腸内細菌が動脈硬化の形成に深く関わることが明らかにされた。私たちは,動脈硬化性疾患を有する患者の腸内細菌叢のLactoba...

オーバービュー

血管医学 Vol.16 No.3, 7, 2015

腸管が単に栄養の消化,吸収に関わるだけでなく,免疫,代謝,内分泌各分野に広く臓器シグナルのネットワークの一角として注目されて...

腸内細菌と代謝疾患

Diabetes Frontier Vol.24 No.6, 633-639, 2013

[はじめに] 動物の体表面や粘膜面には多数の微生物, 特に細菌が生息しており, いわゆる共生関係を構築している. なかでも腸管には膨...