記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

1 - 10件目 (全49件中)

臨床 PARP阻害薬治療の実際

ESPOIR Vol.5 No.1, 21-27, 2022

近年,前立腺癌に対する薬物療法の進歩は著しく,治療選択肢は多く存在する一方,その作用機序は大きく分けるとホルモン療法と抗癌剤...

BRCAゲノムの異常とPARP阻害剤

CANCER BOARD of the BREAST Vol.7 No.1, 17-21, 2022

「ポイント」・Unselectedな乳癌を対象とした場合,約4%にBRCA1/2病的バリアントが検出される。・PARP阻害剤は,...

乳がんの遺伝学的検査の現状と課題・今後の展望

がん分子標的治療 Vol.19 No.2, 133-135, 2022

乳がんのリスク遺伝子であるBRCA1,BRCA2に病的バリアントを有することで乳がんの発症リスクが約10倍程度上昇することが知ら...

ゲノム診断による胆膵がん治療の現状と展望

胆膵Oncology Forum Vol.2 No.1, 4-10, 2021

わが国では2019年,固形がん分野において遺伝子パネル検査が保険収載下で実施可能となり「がんゲノム診療元年」と称された。直近では...

ATMとがん治療の可能性

がん分子標的治療 Vol.19 No.1, 79-81, 2021

ATMは毛細血管拡張性運動失調症(ataxia-teleangiectasia)の原因遺伝子として見出された遺伝子で,350kDのserine/threonine...

BRCAまたはsynthetic lethality(合成致死)

CANCER BOARD of the BREAST Vol.6 No.2, 61, 2021

遺伝性乳癌卵巣癌(hereditary breast and ovarian cancer:HBOC)の主な原因遺伝子であるBRCA1は1994年1)に,

HBOC~婦人科の立場から

CANCER BOARD of the BREAST Vol.6 No.2, 53-57, 2021

遺伝性乳癌卵巣癌症候群(hereditary breast and ovariancancer:HBOC)は,BRCA1またはBRCA2(BRCA1/2)の生...

乳がんの分子標的薬と免疫療法の進歩

がん分子標的治療 Vol.18 No.2, 38-44, 2020

約20年前に日本でトラスツズマブが承認されてから,HER2陽性乳がんの予後は大きく改善した。その後ラパチニブ,ペルツズマブ,トラス...

Q2. 家族性膵がんとわかった場合の対応を教えてください

胆膵 Oncology Forum Vol.1 No.1, 31-33, 2020

第1度近親者に2人以上の膵がんを認める場合,これら膵がんを広義に“家族性膵がん”と呼ぶ。このような膵がんの一部では,分子生物学的...