記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全34件中)

CKD患者における心血管リスク評価法

Pharma Medica Vol.38 No.4, 57-60, 2020

CKD患者の主要な死因は心血管疾患であり,そのリスク評価は非常に重要である。一般住民や心血管疾患患者においてその有用性が確立さ...

臨床 診断フローチャート

CARDIAC PRACTICE Vol.30 No.2, 33-36, 2019

心不全診療の最初のプロセスである心不全診断は,いまだに容易ではない。左室駆出率の低下した心不全(heart failure with reduced e...

ARDSと心原性肺水腫の系統的鑑別診断

THE LUNG perspectives Vol.26 No.2, 67-71, 2018

急性呼吸窮迫症候群(ARDS)と心原性肺水腫の鑑別はしばしば困難なことがある。これまでに,両病態の鑑別におけるバイオマーカー,胸...

心不全症例への抗凝固療法

Cardio-Coagulation Vol.4 No.1, 42-47, 2017

Mさん。安定した心不全コントロールの経過中に脳梗塞を発症した拡張型心筋症の1例。65歳,男性。拡張型心筋症による慢性心不...

現在の心不全の考え方と糖尿病との関係 

Pharma Medica Vol.35 No.4, 19-24, 2017

心不全患者は年々増加しており,循環器疾患の最も重要な問題の1つとなっている。糖尿病が虚血性心疾患の独立した危険因子であること...

第12回 緊急性を要する浮腫の診断・鑑別

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 68-72, 2016

浮腫をみた際に“浮腫→利尿薬”や“浮腫→BNP”と短絡的に考えてしまいがちであるが,浮腫には重篤で緊急の対応を要する病態がいくつかあ...

高齢者肺癌の治療エビデンスと今後の挑戦―外科の立場から―

Treatment for elderly patients with lung cancer from the viewpoint of surgery

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 60-63, 2016

「Summary」日本胸部外科学会によれば2013年の1年間の肺癌手術症例は37,008例で,70歳以上の症例は52.2%と過半数を占め,80歳以上の...

バイオマーカーによるうっ血の評価

Assessment of congestion using biomarkers

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.1, 54-61, 2016

「Summary」テクノロジーの進歩により,2000年以降多くの心不全関連バイオマーカーが報告された。心不全によるうっ血は主に心臓,肺...

身体所見,胸部レントゲン写真,心電図によるうっ血の評価

The evaluation of congestion by physical examination, chest radiograph and electrocardiogram

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.1, 19-24, 2016

「Summary」うっ血性心不全は,問診による症状と身体所見を中心としたFramingham診断基準により診断される。1971年に米国で発表され...