記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 8件目 (全8件中)

心房細動患者の脳梗塞予防―インターベンションの立場から

Concomitant use of antiplatelet therapy with oral anticoagulants

脳と循環 Vol.21 No.2, 41-45, 2016

「SUMMARY」心房細動患者に経皮的冠動脈インターベンションを施行する場合,抗凝固薬と抗血小板薬の併用が必要になる.しかし,日本...

(座談会)遺伝子解析に基づく新しい分子標的治療

がん分子標的治療 Vol.14 No.1, 68-75, 2016

遺伝子解析に基づいた分子標的治療により,個別化治療が実臨床でも行われるようになっている。乳がんではヒト上皮成長因子受容体(HE...

Workshopテーマ2「若年者除菌について」 3.除菌治療による薬疹

THE GI FOREFRONT Vol.10 No.2, 38-40, 2014

H.pyloriの除菌療法に伴い種々の皮疹を生じることが報告されている。原因としては除菌療法に使用した3剤による薬疹が多いが,原因薬...

胃癌化学療法における分子標的薬の現状と展望

胃がんperspective Vol.7 No.2, 14-22, 2014

切除不能進行・再発胃癌の標準治療はフッ化ピリミジン系薬剤と白金製剤を中心とした併用療法である. 近年の分子標的薬の進歩に伴い, ...

C型肝炎 インターフェロン・フリー抗ウイルス治療の展望

View of interferon-free antiviral therapy.

Pharma Medica Vol.31 No.12, 31-35, 2013

[はじめに] C型慢性肝炎に対しては, インターフェロンをベースとした治療が行われてきた. 近年, インターフェロンとは異なる作用機序...

C型肝炎 プロテアーゼ阻害薬を含む3剤併用治療の現在と近未来

Pegylated interferon, ribavirin and protease inhibitor combination therapy: the present and the near future.

Pharma Medica Vol.31 No.12, 21-25, 2013

[はじめに] 近年, 治療効果の向上あるいは副作用軽減を目指して多くの新規抗ウイルス薬の開発が行われ, 2011年11月には, 第1世代プロ...

点眼治療の次なるステップ

Frontiers in Glaucoma No.45, 78-81, 2013

「Q」(2)48歳男性で, 原発開放隅角緑内障にて2年前より点眼治療を行っています. 眼圧は, プロスタグランジン関連薬, β遮断薬, 炭酸脱...