記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 8件目 (全8件中)

肝線維化の定量と発癌リスク

②発癌リスク因子としての臨床的意義の検討

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 106-109, 2016

肝細胞癌の発生は,慢性肝炎患者において最も予後を左右する因子であり,肝線維化の進展に伴い発癌リスクが上昇することが知られてい...

肝不全合併透析患者の体液管理

Fluid management in cirrhotic patients with endstage renal disease

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.3, 52-58, 2016

「Summary」肝硬変の循環動態は,門脈圧亢進と全身の循環亢進状態が特徴的である。全身循環は亢進しているが末梢血管は慢性的に拡張...

使用経験 トルバプタン投与例における尿中AQP2の意義

Significance of urinary AQP2 in administrarion of tolvaptan

Fluid Management Renaissance Vol.4 Suppl., 103-107, 2014

「Summary」肝不全に伴う浮腫や腹水はQOLを低下させ,それに対する薬物療法として従来スピロノラクトン,フロセミドが主に使用されて...

B型肝炎 B型肝炎の核酸アナログ治療の現状と展望

Nucleot(s)ide analogue therapy for chronic hepatitis B.

Pharma Medica Vol.31 No.12, 53-58, 2013

[はじめに] B型肝炎ウイルス(hepatitis B virus; HBV)持続感染者に対して治療を行う目的は, 自然経過を改善し, 生命予後およびQOLを...