記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

1 - 8件目 (全8件中)

基礎系座談会「骨・運動器領域の基礎研究の国内外の動向」

THE BONE Vol.30 No.4, 89-97, 2016

高橋:本日は,骨代謝研究の第一線でご活躍の西村理行先生,竹田 秀先生,高柳 広先生,そして網塚憲生先生にお集まりいただき,「...

2. ビタミンDによる骨代謝調節

THE BONE Vol.30 No.4, 23-28, 2016

ビタミンD欠乏はくる病・骨軟化症を発症する.さまざまな遺伝子改変動物の解析は,小腸におけるカルシウム(Ca)吸収の抑制がくる病...

特集にあたって

THE BONE Vol.27 No.4, 19, 2013

多数の論文が公表されるなかで, どの論文が重要な情報を提供しているかを見極めることはなかなか困難である. インパクトファクターが...

全文記事

破骨細胞はなぜ骨だけで形成されるのか?

THE BONE Vol.23 No.4, 31-35, 2009

従来, 破骨細胞の形成部位はRANKLとM-CSFの発現部位が決めると考えられてきた. しかし, さまざまな実験結果は, RANKLとM-CSFの発現部...

全文記事

(座談会)『THE BONE』創刊100号記念座談会

THE BONE Vol.22 No.3, 163-178, 2008

「折茂」本日は, 『THE BONE』創刊100号を記念し, 編集委員の先生方と22年の歴史を積み重ねてきた100冊の『THE BONE』をふり返りなが...

全文記事

基礎編 破骨細胞研究の20年

THE BONE Vol.22 No.3, 49-55, 2008

「THE BONE」誌は1987年に創刊され20年間が経過した. この20年間に破骨細胞の研究は飛躍的に発展し, 1998年には破骨細胞の分化を調節...

全文記事

特集にあたって

THE BONE Vol.21 No.6, 21-22, 2007

本誌に特集「骨形成と骨吸収の最近のトピックスIV」が組まれたのは2006年5月号である. それから1年半しか経過していないにもかかわら...

全文記事

ODF/RANKLの発見が齎したもの

THE BONE Vol.20 No.5, 53-59, 2006

ODF/RANKLの発見により, 破骨細胞に関する研究は一変し, 破骨細胞の分化調節機構は分子レベルで説明できるようになった. また, 免疫...