記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 9件目 (全9件中)

【臨床部門】iPS細胞を用いたパーキンソン病治療

再生医療 Vol.17 No.4, 83-89, 2018

ヒトiPS細胞が報告されてから10年が過ぎ,2014年の加齢黄斑変性に続き,2018年は重症虚血性心筋症,パーキンソン病,再生不良性貧血...

「死の谷」を超える

再生医療 Vol.17 No.4, 1, 2018

治療法の開発において基礎研究の成果を社会に還元するにはいわゆる「死の谷」を超える必要がある。動物実験で成果が得られたとしても...

一側の脳虚血で発症し,無症候性に進行した対側内頸動脈狭窄に対して頸動脈ステント留置術を施行した特発性両側頸部内頸動脈解離の一例

脳と循環 Vol.21 No.3, 61-66, 2016

「症例」53歳男性.「主訴」言葉を発しない,右手足を動かさない.「既往歴」両側精巣癌(35歳時に左側,50歳時に右側)...

治癒とはそもそも自己組織再生である

再生医療 Vol.15 No.3,5, 2016

「分ける」から「つくる」へ。山中伸弥教授が「ES細胞を分けて調べる」から「ES細胞をつくる」へと研究方針を転回したとき,iPS細胞...

iPS細胞治療:細胞移植治療から新薬開発まで

iPS cell technology. Application of iPS cells from cell therapy to development of new drug.

Pharma Medica Vol.33 No.7, 53-56, 2015

「はじめに」2014年9月,滲出型加齢黄斑変性の患者に対して,自家人工多能性幹細胞(induced Pluripotent Stem cells;iPS細胞)由来...

出血型もやもや病の再出血予防

脳と循環 Vol.13 No.1, 53-57, 2008

出血型もやもや病は主に成人に脳出血を起こし, 重篤な後遺症を生じ得る疾患の一つである. 発症後の再出血率は高く, 再出血を繰り返し...