記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全223件中)

エクオールの女性に対するアンチエイジング効果

WHITE Vol.7 No.2, 52-60, 2019

エクオールは大豆イソフラボンの一種であるダイゼインが腸内細菌によって代謝された活性代謝産物である.その構造はエストロゲンと類...

1 AGEsと骨粗鬆症

WHITE Vol.7 No.2, 11-15, 2019

男女を問わず加齢に伴う性ホルモンの欠乏は,破骨細胞を活性化するのと同時に,酸化ストレスの増大による骨基質コラーゲンの劣化を招...

6.ステロイド性骨粗鬆症に対する薬物療法

THE BONE Vol.32 No.3, 51-57, 2019

わが国の2014年版のステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドラインでは,ステロイド性骨粗鬆症に対する無作為化比較対照試験ならびに...

5.男性骨粗鬆症に対する薬物療法

THE BONE Vol.32 No.3, 43-49, 2019

一般的に,男性の骨粗鬆症有病率は女性よりも低いが,生命予後やQOLに関連する骨粗鬆症は,男性においても重要な課題である.男性で...

4.閉経後骨粗鬆症に対する薬物療法

THE BONE Vol.32 No.3, 35-41, 2019

1.早期閉経の場合はエストロゲンと黄体ホルモンによるホルモン補充療法を第一選択とする.2.大腿骨近位部骨折の予防が主目的...

3.原発性骨粗鬆症の薬物治療開始基準と治療効果判定

THE BONE Vol.32 No.3, 29-33, 2019

骨粗鬆症の薬物治療は骨密度,既存骨折,年齢,骨折家族歴などに基づいて骨折リスクを総合的に判断して開始される.治療効果の判定に...

2.骨粗鬆症の治療目標

THE BONE Vol.32 No.3, 23-27, 2019

海外では骨粗鬆症治療における「Goal-directed treatment」の方針が報告されている.米国では骨粗鬆症治療域を脱することを治療のゴ...

1.Treat to Targetの基本的な考え方

THE BONE Vol.32 No.3, 19-22, 2019

米国骨代謝学会ならびに米国骨粗鬆症財団を中心に,骨粗鬆症についても目標達成に向けた治療ストラテジー(Treat to Target)が検討...

Ⅱ.生活習慣病の骨粗鬆症への影響 4.高尿酸血症

THE BONE Vol.31 No.4, 63-67, 2018

高尿酸血症は生活習慣病の一つであり,痛風や心血管疾患のリスク因子として認識されている.一方,尿酸は抗酸化作用を有することから...