記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全16件中)

随想 外科治療における今後の展望

Surgery Frontier Vol.22 No.4, 90-117, 2015

「侵襲学関連分野の統合を─外科臨床のさらなる進歩をはかるために─」『Surgery Frontier』誌創刊のころ「一般外科医に必...

疾患に関するサルコペニア(2次性サルコペニア) 1)癌において

The relationship between sarcopenia and cancer

栄養-評価と治療 Vol.31 No.4, 32-34, 2014

「SUMMARY」サルコペニアとは骨格筋量の減少を呈する症候群である。近年,数多くの癌腫においてサルコペニアが単独の予後不良因子で...

噴門部の胃粘膜下腫瘍

胃がんperspective Vol.6 No.1, 34-39, 2013

「症例」「年齢 性別」54歳, 男性 「既往歴 合併症」高血圧症: 2年前から内服治療を開始しコントロールされている. ほか, 特記すべき...

大腸癌のリンパ節中微量癌細胞検出の意義(2)~MASA法~

大腸癌FRONTIER Vol.5 No.1, 41-44, 2012

「Summary」大腸癌においてリンパ節転移は予後を規定する重要な因子である. 正確なリンパ節転移診断により, 正確な再発リスクの予測...

腹腔内大量洗浄(EIPL)による胃癌腹膜播種再発予防

Surgery Frontier Vol.19 No.2, 21-25, 2012

「Summary」腹膜転移再発は胃癌において最も頻度の高い再発形式であり, 原発巣から遊離した腹腔内浮遊癌細胞が, 腹膜に着床し増殖す...

【Ⅱ.MCT】転移性肝癌の局所凝固療法―手術的なマイクロ波・ラジオ波凝固療法を中心に―

Operative microwave coagulation and radiofrequency ablation therapy for metastatic liver tumors

Surgery Frontier Vol.18 No.3, 68-75, 2011

Summary  転移性肝癌の局所凝固療法はマイクロ波凝固療法(microwave coagulation therapy:MCT)やラジオ波凝固療法(radi...

Question ニッチとは?癌幹細胞との関係は?

Surgery Frontier Vol.17 No.1, 85-87, 2010

「Answer」「ニッチとは?」ニッチ(niche)とは壁のくぼみを意味する言葉であり, 1978年にSchofieldが組織幹細胞の維持に必要な微小環...

【大腸癌肝転移切除成績の現状】切除不能肝転移に対するサルベージ手術

大腸癌FRONTIER Vol.3 No.1, 52-57, 2010

「Summary」 新規抗がん剤や分子標的治療薬の出現により, 切除不能大腸癌肝転移でも, 積極的なサルベージ手術との組み合わせによって...