記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全44件中)

脳梗塞急性期の抗凝固療法(DOACの活用)

Cardio-Coagulation Vol.6 No.1, 27-33, 2019

脳梗塞急性期に抗凝固療法を開始することは,ガイドラインで推奨されていない。直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)が登場して以降,非弁...

心房細動除細動時の抗凝固療法

Cardio-Coagulation Vol.5 No.4, 29-34, 2018

心房細動を停止させる方法として,薬理学的除細動と電気的除細動が挙げられる。薬理学的除細動は比較的簡便に施行可能であるが,心房...

DOACと薬物アドヒアランス

Cardio-Coagulation Vol.5 No.2, 13-19, 2018

非弁膜症性心房細動に対する抗凝固療法は,直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)の登場により選択肢が広がった。DOACはワルファリンと比較...

エドキサバンの長所と短所

Cardio-Coagulation Vol.5 No.1, 33-39, 2018

エドキサバンは3つの適応症(非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制,静脈血栓塞栓症の治療及び再...

ダビガトランの長所と短所

Cardio-Coagulation Vol.5 No.1, 15-21, 2018

ダビガトランはDOACのなかで最初に「非弁膜症性心房細動に伴う脳卒中と全身性塞栓症の予防」を適応として2011年に登場した。150mg1...

「COMPASS試験」

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.1, 68-70, 2018

臓器別の専門医育成が主流となってから,「心筋梗塞」と「脳梗塞」は別の病気と捉えられた。製薬企業も,循環器医,神経内科医など臓...

抗⅕a活性

Cardio-Coagulation Vol.4 No.3, 42-47, 2017

直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)として,わが国では現在,非弁膜症性心房細動に対して直接トロンビン阻害薬のダビガトラン,Ⅹa阻害薬...

アピキサバンが良い適応となる病態・患者像とは?

循環器内科の立場から

Cardio-Coagulation Vol.4 No.2, 41-46, 2017

非弁膜症性心房細動(nonvalvular atrial fibrillation:NVAF)に対する抗凝固療法は,ワルファリンに代わる直接作用型経口抗凝固薬...

アピキサバンが良い適応となる病態・患者像とは?

脳神経内科の立場から

Cardio-Coagulation Vol.4 No.2, 36-40, 2017

最近まで,非弁膜症性心房細動(NVAF)に対する心原性脳塞栓症予防を目的とした経口抗凝固薬はビタミンK拮抗薬(ワルファリン)のみ...