記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全12件中)

12.骨粗鬆症リエゾンサービスとその意義

THE BONE Vol.32 No.3, 87-89, 2019

骨粗鬆症性骨折減少のためには,高リスク群の抽出とともに慢性疾患管理が必要となる.対象年齢が後期高齢者・超高齢者が中心となる骨...

特集にあたって

THE BONE Vol.31 No.1, 15-16, 2017

筋骨格系の機能異常が高齢者・超高齢者の自立度と生活の質に大きな影響をあたえることは十分に理解されるようになってきた.その一方...

高齢糖尿病における骨脆弱性と骨折リスク

Diabetes Frontier Vol.28 No.1, 40-44, 2017

糖尿病が慢性多臓器障害の原因となることは論を俟たないが,長期間の管理が可能となり,また寿命が長くなったことにより,より長期間...

Ⅲ.続発性・他疾患関連骨粗鬆症の薬物治療選択 3.原発性副甲状腺機能亢進症による骨粗鬆症の薬物治療

Pharmaceutical management of secondary osteoporosis due to primary hyperparathyroidism

THE BONE Vol.29 No.2, 73-76, 2015

原発性副甲状腺機能亢進症では,骨吸収の増加による骨量の低下に対する対策と,高カルシウム血症をはじめとしたミネラル代謝異常に対...

4.内分泌代謝疾患と骨粗鬆症

Secondary osteoporosis due to endocrine disorders

Anti-aging Science Vol.7 No.1, 33-36, 2015

「Ⅰ はじめに」原発性骨粗鬆症には,遺伝的素因,生活習慣,閉経,加齢の4つの要因が関連する.これらの要因以外に,骨粗鬆症を引き...

甲状腺ホルモン異常と骨粗鬆症

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.5 No.1, 40-42, 2015

「症例1」症例:80歳代前半,女性.診断:バセドウ病.主訴:体重減少.既往歴:60歳高血圧症.家族...

Ⅲ.その他 1.内分泌疾患と骨粗鬆症

Secondary osteoporosis due to endocrine disorders

THE BONE Vol.28 No.3, 97-101, 2014

閉経による女性ホルモン分泌の低下は,閉経後骨粗鬆症を惹起するが,女性ホルモン以外にもさまざまなホルモンが直接骨代謝に影響する...