記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全25件中)

分子標的治療薬の併用療法

①肝細胞癌の免疫治療

The Liver Cancer Journal Vol.11 No.2, 22-27, 2019

癌に対する免疫治療の成否は,癌抗原の放出から始まってT細胞による癌細胞の破壊で一回りする癌免疫サイクルをいかに効率的に回転さ...

分子機序に基づく肝癌の治療

The Liver Cancer Journal Vol.11 No.2, 13-20, 2019

肝癌は生物学的にheterogeneityがあり,従来のような病理学的な分化度や切除標本における肉眼形態による分類だけでなく,分子生物学...

急激に変貌する肝癌の薬物療法

①新規分子標的薬

The Liver Cancer Journal Vol.10 No.1, 36-43, 2018

肝外転移または脈管侵襲を有する肝細胞癌や,TACEにて治療効果が期待できない肝内多発肝細胞癌に対しては薬物療法が行われる。本邦で...

受賞者決定

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 166-169, 2016

進行肝細胞癌(HCC)に対する抗癌剤・分子標的治療は,いまだ十分な有効性が得られていない。その一因として,抗癌剤抵抗性を有する...

MRI meets molecular biology of HCC

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.1, 29-33, 2016

「はじめに」肝細胞癌(HCC)は生物学的に多様な集団であり,その増殖速度,脈管浸潤能力,遠隔転移能力,抗癌剤や分子標的薬に対す...

老化と肝発癌

The Investigation of the Mechanism of Hepatocarcinogenesis by Aging

アンチ・エイジング医学 Vol.11 No.6, 49-54, 2015

「はじめに」近年,日本の人口全体の高齢化に伴い,肝癌症例も高齢化する傾向にある。肝癌の病因として高度線維化,肝炎ウイルス,ア...

第12回日本肝がん分子標的治療研究会記録集

The Liver Cancer Journal Vol.7 No.3, 63-76, 2015

(当番世話人)日野啓輔 川崎医科大学肝胆膵内科学教授開催日時:2015年6月6日(土) 会場:倉敷アイビースクエア「Th...

肝細胞癌におけるradiogenomicsの現況:Gd-EOB-DTPA造影MRIを中心に

The Liver Cancer Journal Vol.7 No.2, 37-43, 2015

「はじめに」分子・遺伝子解析技術が急速に進歩し,診断,予後予測,治療や治療効果判定におけるバイオマーカー(biomarker)として...

分子標的治療薬 ソラフェニブ

Sorafenib.

Pharma Medica Vol.33 No.1, 25-28, 2015

「はじめに」肝細胞癌に対して,分子標的治療薬であるソラフェニブのプラセボに対する予後延長効果が,2007年米国臨床腫瘍学会(Amer...