記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全10件中)

花粉症のバイオマーカー

Pharma Medica Vol.38 No.4, 47-50, 2020

バイオマーカー(生物学的マーカー)とは,体の血液など液性成分や組織などから採取して得られる蛋白質や遺伝子などの生体物質により...

サルコペニア:定義と診断に関する欧州のコンセンサス改訂の翻訳とQ and A

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.3 No.1, 37-66, 2019

[背景]2010年にEuropean Working Group on Sarcopenia in Older People(EWGSOP)によってサルコペニアの診断と治療を進めるために...

症状の重症度判定と対症療法

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 53-57, 2017

食物アレルギーによる誘発症状は,臓器ごとに重症度を判定し重症度に基づいた治療を行う。各臓器(皮膚・粘膜,呼吸器,消化器,神経...

第25回バイオメディカルフォーラム Session 2 一般演題「ATⅡは必要か」総説 感染性DICにおいてAT製剤,AT活性測定が必要である

Antithrombin and antithrombin activity are essential for the management of septic DIC.

バイオメディカル Vol.25, 15-19, 2015

「要旨」感染性DICではAT活性が低下し,その値,たとえば50%未満の場合には予後不良などと,重症度の指標となるという報告が多数な...

循環器からみた6分間平地歩行テスト

THE LUNG perspectives Vol.21 No.2, 33-37, 2013

「Summary」6分間歩行テスト(6MWT)は, 1985年, Guyattらによって慢性心不全患者の運動耐容能評価法として提唱された運動負荷試験であ...

潰瘍性大腸炎の内視鏡所見(内視鏡スコアを含む)

Pharma Medica Vol.26 No.3, 19-23, 2008

「はじめに」潰瘍性大腸炎(ulcerative colitis;UC)の診断, 重症度判定には自他覚症状, 炎症所見とともに内視鏡所見が重視される. ...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.25 No.12, 7, 2007

今回, Pharma Medicaで「膵炎・膵癌up to date」が特集として組まれ, 出版されることになった. 近年, 慢性膵炎が膵癌の危険因子であ...