記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全40件中)

サーモプラスティの現状と課題

Pharma Medica Vol.37 No.3, 57-60, 2019

気管支喘息とは,ダニやハウスダストなどのアレルゲンの吸入が原因で発症しIgEや好酸球が上昇するアレルギー性疾患と従来は考えられ...

分子標的薬の現状と展望

Pharma Medica Vol.37 No.3, 51-55, 2019

吸入ステロイド薬(inhaled corticosteroid;ICS)を中心とした標準治療でコントロール困難な重症喘息患者は5~10%程度存在し,分子...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.37 No.3, 7, 2019

喘息診療は,吸入ステロイド薬の普及,ガイドラインの整備に伴い,この20年で長足の進歩を遂げました。ここ10年は,吸入ステロイド用...

気管支喘息のサーモプラスティ治療

THE LUNG perspectives Vol.26 No.4, 23-28, 2018

気管支サーモプラスティ(BT)とは,気管支鏡を使ってバスケットカテーテルを気管支にまで到達させ,気管支へと直接,高周波電流を流...

重症喘息

THE LUNG perspectives Vol.26 No.2, 26-29, 2018

喘息の管理・予防ガイドラインで推奨される段階的薬物療法は,軽症~中等症喘息に対する適切な治療選択に極めて有効な手法であったが...

高齢者喘息の臨床的特徴

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 12-15, 2017

わが国は著しい高齢化が進行しており,高齢者喘息も増加している。加齢による身体機能低下と併存症により,高齢者喘息は重症化しやす...

喘息とマイクロバイオーム

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 43-46, 2017

以前から,環境微生物への曝露が喘息などのアレルギー性疾患を抑制することが示唆されており,衛生仮説と呼ばれている。最近の研究に...

治療展望

喘息・アレルギー Vol.30 No.1, 51-54, 2017

重症喘息に対し,新しい治療薬やインターベンションが臨床応用されるようになってきた。特に好酸球・タイプ2炎症をターゲットとした...

小児重症喘息の現状と展望

喘息・アレルギー Vol.30 No.1, 45-50, 2017

小児では入院を要する発作を起こすような難治性といわれる喘息患者は減少してはいるものの,重症喘息は乳幼児期と思春期に多くみられ...