記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全309件中)

新着第14回 緑内障のあたらしい動物モデル

Frontiers in Glaucoma No.59, 1-6, 2020

緑内障研究にはさまざまな動物モデルが用いられているが,マウスでは篩状板や黄斑が存在しないなど,視覚器の構造がヒトとは大きく異...

1 AGEsと骨粗鬆症

WHITE Vol.7 No.2, 11-15, 2019

男女を問わず加齢に伴う性ホルモンの欠乏は,破骨細胞を活性化するのと同時に,酸化ストレスの増大による骨基質コラーゲンの劣化を招...

糖尿病網膜症

Pharma Medica Vol.37 No.12, 33-37, 2019

糖尿病網膜症は高血糖が持続することで網膜血管が機能的に障害されて,二次的に周囲組織も障害される血管病変である1)-7)...

緑内障と加齢

Pharma Medica Vol.37 No.12, 29-32, 2019

現在日本は超高齢社会に突入してきている。2005年に老年人口割合は20%だったのが,2030年には32%,さらに2055年になると41%となる...

8.動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版

高尿酸血症と痛風 Vol.27 No.2, 60-65, 2019

「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版」によれば動脈硬化のリスクを幅広く評価しようという観点から,高尿酸血症も考慮すべき病...

メタボローム解析からの老化研究

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.5, 42-47, 2019

現在(2014年),日本は世界で唯一高齢化率25%を超えた国である(世界平均は8%)。しかしながら,グローバル高齢化の波は着々と押...

老化関連疾患 2)COPD

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.4, 44-49, 2019

慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD)は,長期の喫煙歴がある中・高年者に発症し,進行性に呼吸機能が...

Björn Schumacher

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.4, 4-9, 2019

ビョアン・シューマッハ先生はエイジング研究でとても有名な先生だ。「遺伝子に傷がつくことが加齢の大きな原因だ」という仮説で研究...

―ストレスと卵胞発育異常―

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.26 No.3, 4-6, 2019

閉経前までの卵巣では,時間的・空間的に精緻な制御を受け周期的変化が起こっている。その制御機構の全容はいまだ明らかではないが,...