記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 8件目 (全8件中)

コンピュータネットワークの発達と遠隔医療への応用

THE LUNG perspectives Vol.27 No.3, 46-50, 2019

遠隔医療は遠隔病理,遠隔放射線画像診断から始まり,電子カルテ普及による地域医療連携,そして近年,オンライン診療,遠隔モニタリ...

遠隔診療の現状と問題点

THE LUNG perspectives Vol.26 No.4, 61-65, 2018

本邦では2018年4月からオンライン診療料が新たに設定され,にわかに遠隔診療が話題となった.すでに海外では,慢性閉塞性肺疾患(COP...

3.遠隔診療のプラットフォームサービス

Journal of Internet of Medical Things Vol.1 No.1, 14-17, 2018

スマートフォンを中心とした通信機器の急速な技術革新は,遠隔診療サービスの概念を大きく変えた.現在提供されている遠隔診療プラッ...

血行動態モニタリング

Hemodynamic monitoring

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.2, 66-70, 2016

「Summary」臨床的に心不全徴候が出現する前に,水面下ではすでに血行動態的にうっ血状況をきたしていることが多い。この際,従来汎...

デバイスを用いた遠隔モニタリング

Remote monitoring of cardiac implantable electric devices

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.2, 59-65, 2016

「Summary」心不全患者の数は増加の一途を辿っており,一旦退院しても再入院が多いことが知られている。再入院の主な原因は体液貯留...

心不全患者の身体指標モニタリング

Physiological monitoring for patients with heart failure

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.2, 54-58, 2016

「Summary」高齢化に伴う慢性心不全患者の増加は先進国共通の社会的課題であり,わが国においても同様である。増えつづける社会保障...

(座談会)再入院予防のための外来心不全管理

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.2, 7-13, 2016

心不全は高齢者に多い疾患であり,高齢化が進むわが国では心不全患者の増加が懸念される。とりわけ高齢の心不全患者では再入院率が高...

特集にあたって

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.2, 6, 2016

心不全の治療において常に悩むのは,どこまで“水引き”を行うかという問題である。除水が不十分であれば症状は改善せず,一方で過度の...