記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全164件中)

新着薬物療法~過活動膀胱と低活動膀胱の薬物療法についての最近の話題~

排尿障害プラクティス Vol.28 No.2, 50-55, 2020

女性下部尿路症状の病態はさまざまなものがあり,原因は膀胱や尿道にとどまらず,骨盤臓器脱など女性特有の骨盤底機能障害も考慮する...

新着行動療法,神経変調療法─女性下部尿路症状治療の第一選択

排尿障害プラクティス Vol.28 No.2, 43-49, 2020

下部尿路症状においては蓄尿症状,排尿症状,排尿後症状(残尿感と排尿後尿滴下)があるが,特に女性では蓄尿症状の頻度が高く,治療...

新着ガイドライン改訂の要点と診療アルゴリズムの解説

排尿障害プラクティス Vol.28 No.2, 16-20, 2020

初版の『女性下部尿路症状診療ガイドライン』1)は2013年11月に発行され,女性下部尿路症状の診療を包括的に扱ったガイド...

新着特集に寄せて

排尿障害プラクティス Vol.28 No.2, 15, 2020

2013年11月に,『女性下部尿路症状診療ガイドライン』が刊行された。本ガイドラインは尿失禁以外の女性下部尿路症状を網羅する点にお...

新着膀胱蓄尿障害にともなう夜間頻尿の薬物療法

排尿障害プラクティス Vol.28 No.1, 34-41, 2020

過活動膀胱(overactive bladder;OAB)あるいは前立腺肥大症(benign prostatic hyper-plasia;BPH)の治療薬は,随伴する夜間頻尿...

新着ガイドライン改訂の要点と診療アルゴリズムの解説

排尿障害プラクティス Vol.28 No.1, 14-21, 2020

最近,『夜間頻尿診療ガイドライン第2版』が発刊された。今回の改訂の大きなポイントは次の4点である。①診療アルゴリズムを泌尿器科...

新着特集に寄せて

排尿障害プラクティス Vol.28 No.1, 13, 2020

2009年にわが国で初めて『夜間頻尿診療ガイドライン』が刊行され,臨床の場で長らく使用されてきた。それから実に11年を経て改訂され...

新着夜間頻尿診療の現状

排尿障害プラクティス Vol.28 No.1, 4-11, 2020

夜間頻尿は男女を問わず下部尿路症状のなかで最も頻度の高い症状で,QOLへの影響も大きいことが疫学調査で示されています。夜間頻尿...