記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全10件中)

最新の診断法 ②DATスキャン

Pharma Medica Vol.37 No.4, 23-29, 2019

黒質線条体系の神経変性を伴うパーキンソン症候群には,パーキンソン病(Parkinson's disease;PD),多系統萎縮症(multisystem atroph...

パーキンソン病と前頭葉機能障害

Frontiers in Parkinson Disease Vol.11 No.2, 34-38, 2018

パーキンソン病(PD)は古典的な運動症状のほかに,さまざまな非運動症状を伴うことが知られている。ドパミン作動薬による治療に関連...

認知症・神経変性疾患とてんかん

Pharma Medica Vol.36 No.8, 45-48, 2018

てんかんの年代別有病率に関しては,小児期および高齢者において頻度が高いことが知られている1)。急速な高齢化を背景と...

Neuromelanin imagingの有用性について

Frontiers in Parkinson Disease Vol.8 No.3, 44-48, 2015

Q1:Neuromelanin imagingはパーキンソン病の早期診断に有用か?A:パーキンソン病(PD)の病変の首座は中脳の黒質緻密部(sub...

MSA-Pの診断のコツとPitfall

Frontiers in Parkinson Disease Vol.5 No.2, 24-27, 2012

「はじめに」多系統萎縮症(MSA)は, パーキンソニズムを主体とするMSA-Pと小脳失調を主体とするMSA-Cに分類され1), MSA-Pはパーキンソ...

小脳症状の目立つ進行性核上性麻痺

Frontiers in Parkinson Disease Vol.5 No.1, 30-33, 2012

「はじめに」進行性核上性麻痺(progressive supranuclear palsy:PSP)は, 1964年にSteele, Richardson, Olszewskiにより記載された変...

若年発症パーキンソン病と診断されていた症例

Frontiers in Parkinson Disease Vol.4 No.2, 24-28, 2011

はじめに  最終診断がパーキンソン病(PD)以外の二次性パーキンソン症候群〔多系統萎縮症(multiple system atrophy:MSA...

進行性核上性麻痺

Frontiers in Parkinson Disease Vol.3 No.2, 30-35, 2010

「はじめに」パーキンソン病(PD)の診療において, より早い時期に正確な診断を行うことの重要性がこれまでになく高まっている. PDであ...