記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全26件中)

運動しすぎは,アンチ・アンチエイジングなのか

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.1, 46-50, 2020

国民の健康維持・増進を目的とした身体活動量の指標である「健康づくりのための身体活動基準2013」によると,18〜64歳では,生活習慣...

6 予防

THE GI FOREFRONT Vol.15 No.1, 49-52, 2019

食道扁平上皮がんのリスク要因として,たばこ喫煙,アルコール飲酒,アルコール飲酒に伴うアセトアルデヒドが“確実”,熱い飲食物,野...

7.食事療法

The Lipid Vol.29 No.1, 61-68, 2018

動脈硬化性疾患の予防と治療において,食事を含めた生活習慣の是正は基本である.食事療法は薬物療法に比べて介入試験が困難で明確に...

運動が誘発する息切れの緩和対策

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 53-56, 2016

運動時に息切れが伴うと身体活動量が低下し,さらに息切れが増悪する。息切れは階段の歩行,上肢を挙上する動作,息をこらえる動作な...

疫学からみた生活習慣病と下部尿路症状

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 14-22, 2016

奈良県で行われた大規模前向きコホート研究の結果を紹介する。夜間頻尿出現には,男性,肥満,排尿症状および過活動膀胱が,過活動膀...

筋肉でのテストステロン合成

The role of steroidogenesis in skeletal muscle

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.3, 34-40, 2016

「はじめに」骨格筋は可塑性に富んだ組織であり,運動や不活動などさまざまなストレスに応答する。たとえば,レジスタンス運動は筋力...

4.無症候性高尿酸血症の治療 4)脂質異常症の合併について

Dyslipidemia and asymptomatic hyperuricemia

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 61-64, 2016

「Summary」高尿酸血症患者における脂質異常症の合併率は約50%と非常に多い。そのなかでも超低比重リポ蛋白 (VLDL)の増加によるⅣ...

悪性疾患と糖尿病

Diabetes Frontier Vol.27 No.1, 68-74, 2016

「はじめに」糖尿病の経過中に悪性疾患を合併すると,血糖コントロールの悪化をきたすことがよく知られている。食事や身体活動量の変...