記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 8件目 (全8件中)

臨床 心不全と腸内細菌叢

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.4, 33-37, 2019

日本人の死因において,心疾患は1985年に脳血管疾患に代わり第2位となり,その後も死亡数・死亡率ともに増加傾向が続き,厚生労働省...

(座談会)Onco-Cardiologyの現状と今後の展望

CARDIAC PRACTICE Vol.27 No.2, 61-69, 2016

「なぜ今,Onco-Cardiologyなのか?」赤澤:わが国の死亡原因として最も多いものががんですが,その罹患率はさらに増え続けて...

総論

CARDIAC PRACTICE Vol.27 No.2, 15, 2016

循環器疾患の罹患や死亡は生活習慣の欧米化と高齢化によって近年急速に増加してきているが,わが国では依然として悪性新生物で亡くな...

液性因子による心臓老化の促進と抑制

Promotion and Inhibition of Cardiac Aging by Humoral Factors

アンチ・エイジング医学 Vol.11 No.4, 53-59, 2015

「はじめに」老化を制御するシグナル伝達や分子機構の詳細は解明されていない。また,組織の恒常性維持や修復には,細胞や取り巻く微...

特集にあたって

アンチ・エイジング医学 Vol.11 No.4, 17, 2015

心臓にも老化,つまり加齢に伴う不可逆的な退行性変化が生じる。高血圧や動脈硬化などのいわゆる老化関連疾患の重積によって,心不全...

1.ACE阻害薬/ARB

ACE inhibitor/ARB

Anti-aging Science Vol.6 No.2, 14-18, 2014

「I はじめに」アンジオテンシンII (angiotensin II : Ang II) は体循環系において血圧や水・電解質の恒常性の維持に中心的な役割を...

AngⅡと老化

Anti-aging Science Vol.2 No.2, 6-10, 2010

「はじめに」 アンジオテンシンII(angioteinsin II;AngII)は体循環系において血圧や水・電解質の恒常性維持に中心的な役割を果たす一...

オートファジーと心血管疾患

血管医学 Vol.9 No.4, 67-75, 2008

オートファジーの研究は, 形態学的・生化学的解析から酵母を用いた遺伝学的アプローチによる関連遺伝子の同定, 更に高等生物における...