記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全51件中)

声とアンチエイジング

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.2, 70-75, 2019

声の老化は誰にでも起こる1)。50歳前後から発生し,徐々に弱く,ハスキーな声になり,これは男性に顕著である。女性の...

6.サルコペニアの摂食嚥下障害

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.1 No.1, 29-33, 2017

サルコペニアの摂食嚥下障害とは,全身および嚥下関連筋の筋肉量減少,筋力低下による摂食嚥下障害である。老嚥とは,健常高齢者にお...

パーキンソン病と嚥下障害

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.4, 46-50, 2017

Q1:パーキンソン病における嚥下障害は臨床的にどのような意味をもつか?Q2:患者さんが食事中にむせないということで,誤嚥がな...

高齢者肺炎における地域包括ケアシステム

Pharma Medica Vol.35 No.8, 41-45, 2017

肺炎の罹患率の高い高齢者に対する診療の規範として,すでに日本呼吸器学会が作成してきた市中肺炎(community-acquired pneumonia;C...

高齢者肺炎予防におけるワクチン接種の重要性

Pharma Medica Vol.35 No.8, 37-40, 2017

高齢化が進む社会における肺炎は,その原因,背景因子,重症度の組み合わせで性格が異なり,非常に多様な疾患といえる1)...

誤嚥性肺炎における細菌叢と口腔ケア

Pharma Medica Vol.35 No.8, 27-31, 2017

高齢者の誤嚥性肺炎予防に口腔ケアが有効であるといわれて久しい。口腔ケアは,誤嚥性肺炎のメカニズムに相当する「口腔・咽頭の細菌...

誤嚥性肺炎の病態と評価方法

~「嚥下機能障害をきたしやすい病態(誤嚥リスク因子)」を含めて~

Pharma Medica Vol.35 No.8, 21-25, 2017

わが国の肺炎死亡者数は増加しており,2011年には死因順位の4位から3位となった。死亡例のほとんどが高齢者であり,その増加の要因...

誤嚥性肺炎が患者の予後に及ぼす影響

Pharma Medica Vol.35 No.8, 17-20, 2017

先進国のなかでも群を抜いて高齢化率が高いわが国において,高齢者の肺炎による死亡率は著しく上昇している。高齢者の肺炎は誤嚥性肺...