記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全32件中)

Ⅰ 過活動膀胱の総論 ①病態・病因

Pharma Medica Vol.37 No.6, 9-14, 2019

過活動膀胱(overactive bladder:OAB)とは,尿意切迫感を必須とした症状症候群であり,通常は頻尿と夜間頻尿を伴い,切迫性尿失禁は...

心血管病変と喫煙―注目される新知見―

THE LUNG perspectives Vol.27 No.1, 53-56, 2019

喫煙によって活性酸素やフリーラジカルが負荷され酸化ストレスが増大すると,一酸化窒素の減少による血管内皮機能障害,血管平滑筋細...

基礎 動脈硬化と糖尿病

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.3, 23-27, 2018

糖尿病患者の心血管疾患による死亡率が非糖尿病患者に比べ高いことはFramingham研究により示されている。日本人を対象とした近年の研...

2.各論 4)高血圧と血管内皮障害

高尿酸血症と痛風 Vol.26 No.1, 53-59, 2018

高血圧における血管内皮細胞障害には,一酸化窒素(NO)や内皮由来過分極(EDH)などの内皮由来血管弛緩因子(EDRF)の関与に加えて...

2.各論 2)尿酸の血管内皮機能障害に対する治療

高尿酸血症と痛風 Vol.26 No.1, 42-47, 2018

高尿酸血症では尿酸が産生される過程でキサンチンオキシダーゼが活性酸素を生じ,血管内皮機能障害を惹起する機序に加えて,尿酸結晶...

2.各論 1)尿酸の血管内皮細胞障害の発症機序

高尿酸血症と痛風 Vol.26 No.1, 38-41, 2018

動脈硬化は,血管内皮機能障害を第一段階として発症,進展し,最終的に心血管疾患発症に至る。高尿酸血症により,血管内皮機能障害が...

糖尿病における粥状動脈硬化の成因とその対策

Pharma Medica Vol.36 No.10, 51-56, 2018

糖尿病は動脈硬化性疾患発症の高リスク群である。高血糖やインスリン抵抗性および代償性の高インスリン血症,そして高血圧や脂質代謝...