記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全26件中)

特集にあたって

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 19, 2019

大腸癌死亡数を減少させるために癌前駆病変であるadenoma/dysplasiaを発見し摘除することが重要なことは自明であり,そのために大腸...

生検標本における大腸早期癌とdesmoplastic reaction

大腸がんperspective Vol.4 No.2, 4-9, 2019

Desmoplastic reaction(DR:間質反応)とは癌細胞が浸潤する際にみられる間質での線維芽細胞等の増生する状態で,大腸癌では浸潤す...

特集にあたって

大腸がんperspective Vol.3 No.1, 19, 2016

今回のState of the artのテーマは,「Resected and discard」である。この主旨は,微小な病変は医療費を軽減する目的で病理診断はし...

NBIによる拡大内視鏡観察~本邦の統一分類をめぐって

大腸がんperspective Vol.2 No.2, 54-59, 2015

「はじめに」2006年,病変表層の血管および表面構造を強調するnarrow band imaging(NBI)の登場は,それまで大腸腫瘍診断のgold sta...

潰瘍性大腸炎発癌の病理

Pathological aspect of carcinogenesis in ulcerative colitis

大腸癌FRONTIER Vol.6 No.2, 14-19, 2013

「Summary」 潰瘍性大腸炎(ulcerative colitis ; UC)の発癌過程では, 感染因子, サイトカイン, 活性酸素などが腫瘍関連遺伝子の(エピ...

特別寄稿 SSA/Pの内視鏡的特徴

大腸癌FRONTIER Vol.5 No.4, 37-44, 2012

「はじめに」大腸鋸歯状病変は, 過形成性ポリープ(hyperplastic polyp; HP), SSA/P(sessile serrated adenoma/polyp), 鋸歯状腺腫(tr...

総論

大腸癌FRONTIER Vol.5 No.4, 12-17, 2012

「Summary」大腸癌は遺伝性の有無により遺伝性大腸癌と散発性大腸癌に分けられる. 遺伝性大腸癌とは, 体細胞系列の遺伝子異常が原因...

現規約の問題点―病理医の立場から―

Pathological issues on JSCCR guidelines 2010 for the treatment of colorectal cancer

大腸癌FRONTIER Vol.5 No.3, 17-18, 2012

病理医の立場から現規約の問題点を記述するのが本項の役目であるが, 総論的には記載方法の具体例の表記例が必要であると思う. また, ...