記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

1 - 10件目 (全10件中)

消化管生検診断の落とし穴と工夫(食道・胃・大腸,症例検討)

大腸がんperspective Vol.4 No.4, 4-11, 2020

本誌は最終号であり,本誌監修 杉原健一先生らの推薦で始まった『画像診断との対比で学ぶ 大腸疾患アトラス』も今回で最終稿となる...

大腸 Interval cancer

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 20-26, 2019

Interval cancerは中間期癌とよばれ,一定の間隔でがん検診を実施しているとき,その検診間隔の間に発見される癌のことをいう。最近...

SSA/Pの内視鏡診断

大腸がんperspective Vol.3 No.2, 4-9, 2016

今回の大腸疾患アトラスは「SSA/Pの内視鏡診断」である。SSA/P(sessile serrated adenoma/polyp)の組織については,過去に何度か取...

微小癌

大腸がんperspective Vol.3 No.1, 4-9, 2016

「症例1」当院では2008年11月より盲腸からの抜去時には,NBIによる観察を行ってきた。白色光観察による平坦・陥凹型腫瘍の発見は困難...

大腸内視鏡サーベイランス:Japan Polyp Study

大腸がんperspective Vol.2 No.3, 54-56, 2015

「はじめに」日本における大腸癌の年齢調整死亡率は,1995年以降,横ばいあるいは僅かな減少傾向にあるものの,高齢者人口の増加に伴...

全文記事

pSM癌の取扱い指針

Handling and pathological diagnosis in Japanese guidelines for treatment of pSM colorectal cancer

大腸癌FRONTIER Vol.4 No.3, 67-74, 2011

Summary  pSM癌の取扱い指針と確認事項をまとめた。併せて今後の改訂への方向性について私なりの意見を述べた。大腸pSM癌は...

全文記事

【各論】進行大腸癌の肉眼分類:2型と3型の分岐点─分類の必要性と臨床病理学的相違

Macroscopic type of advanced colorectal cancer: the turning point in type 2 and 3, and their clinicopathological differences

大腸癌FRONTIER Vol.4 No.1, 48-53, 2011

Summary  大腸癌は日本において最も頻度の高い癌の一つである。なかでも3型大腸癌はほぼ全例が漿膜下層まで浸潤しており,...

全文記事

【総論】過形成性ポリープとその関連疾患の病理組織像

Serrated polyps of the colon and rectum, and its related issues

大腸癌FRONTIER Vol.4 No.1, 31-36, 2011

Summary  大腸癌取扱い規約(第7版補訂版)によれば,鋸歯状構造を特徴とする病変は過形成性ポリープ(hyperplastic polyp...

全文記事

【Column】Japan Polyp Study(JPS)の紹介

大腸癌FRONTIER Vol.3 No.4, 69-70, 2010

本研究“ポリープ切除の大腸がん予防に及ぼす効果の評価と内視鏡検査間隔の適正化に関する前向き臨床試験:Japan Polyp Study(JPS)”は...

全文記事

鋸歯状病変の分類と診断<臨床の立場から>

大腸癌FRONTIER Vol.2 No.2, 54-60, 2009

「Summary」過形成性ポリープは大腸癌に関与しない病変とされてきたが, 近年, 過形成性ポリープの一部が癌に関与しているserrated pa...