記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全15件中)

院内医薬連携システムとその効果

Pharma Medica Vol.36 No.7, 35-39, 2018

ポリファーマシーは薬物有害事象のリスクを増加させるため1),薬物治療の評価や見直しが重要であり,薬剤師の積極的な関...

高齢者喘息の臨床的特徴

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 12-15, 2017

わが国は著しい高齢化が進行しており,高齢者喘息も増加している。加齢による身体機能低下と併存症により,高齢者喘息は重症化しやす...

ラコサミドをうまく使う:導入・副作用・併用薬

Epilepsy Vol.11 Suppl, 31-38, 2017

てんかんの有病率はおよそ1%であり,日本では約100万人のてんかんのある人がいるとされるが,その約70~80%は抗てんかん薬(anti-e...

高齢者の多剤併用における処方整理の考え方

―運動器慢性疼痛に対する鎮痛薬の処方整理を踏まえて―

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 52-57, 2016

多くの高齢者は複数の疾患を抱えており,各診療科を受診することでポリファーマシー(以下,多剤併用)に至るため,薬の飲み忘れ・飲...

オピオイドを開始するときの併用薬の注意点―薬物代謝―

Locomotive Pain Frontier Vol.4 No.2, 52-54, 2015

前回,オピオイドを開始するにあたっての薬物相互作用について,薬物動態学的相互作用および薬力学的相互作用を中心に解説し,オピオ...

オピオイドを開始するときの併用薬の注意点―相互作用―

Locomotive Pain Frontier Vol.4 No.1, 48-50, 2015

近年,一部のオピオイド鎮痛薬が非がん性の慢性疼痛(以降,慢性疼痛と略す)にも適応が拡大され,これまで以上にその処方が一般的と...

インスリン分泌促進薬の位置づけ(単剤療法)

Diabetes Frontier Vol.25 No.5, 582-587, 2014

「はじめに」糖尿病臨床で使用頻度が高く,その長期使用成績が理解されている薬剤にインスリン分泌促進薬が挙げられる。現在,インス...

機能性食品の安全性:薬物との相互作用

Safety of functional foods-interaction with drugs.

Pharma Medica Vol.32 No.8, 21-26, 2014

「はじめに」補完代替医療の普及と高齢者人口の増加に伴い, 疾患の予防・治療や健康増進を目的として健康食品やサプリメントなどの機...