記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全350件中)

アレルギー性鼻炎の手術療法―overview―

Pharma Medica Vol.38 No.1, 65-70, 2020

アレルギー性鼻炎患者は年々増加傾向を認めており,アレルギー性鼻炎に対しては薬物治療による治療が主体であるが,薬物治療抵抗性の...

特集にあたって

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.26 No.4, 12, 2019

婦人科領域の疾患は月経異常や排卵障害,あるいは更年期障害など生体の機能異常により発症すると考えられるものが多く,このため治療...

高齢者と眼疾患

Pharma Medica Vol.37 No.12, 54-57, 2019

生活習慣病のような全身疾患と同様に、眼にも年齢と共に病気が生じてきます。代表的な疾患として白内障、緑内障がありますが、近...

白内障

Pharma Medica Vol.37 No.12, 25-28, 2019

白内障とは,水晶体の透明性が障害され混濁した疾患である。水晶体は,屈折(焦点を合わせる機能)以外にも,見るものの距離によって屈...

老視

Pharma Medica Vol.37 No.12, 13-16, 2019

老視とは,加齢に伴う水晶体の弾性(外力によって変形した物体が,その外力が除かれた時にもとの形に戻ろうとする性質)の低下を主とし...

CRPCに対する薬物治療の新展開

ESPOIR Vol.2 No.2, 7-14, 2019

去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)の治療にはホルモン療法,化学療法,放射線治療の3つがあり,転移のないCRPCではアンドロゲン受容体シグ...

3.CKD診療ガイドライン2018における高尿酸血症の位置づけ

高尿酸血症と痛風 Vol.27 No.2, 30-35, 2019

「エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018」では,「CKD患者に尿酸低下療法は推奨されるか?」のCQが設定されており,これに対す...

臨床 新しい薬物治療アルゴリズム

CARDIAC PRACTICE Vol.30 No.2, 37-41, 2019

今回改訂された「急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)」では,左室駆出率を重視し,薬物治療方針は個々のタイプによっ...

総論

CARDIAC PRACTICE Vol.30 No.2, 14, 2019

数多くの大規模臨床試験によってアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬,アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB),ミネラルコルチコイ...