記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 9件目 (全9件中)

高齢者の薬物療法の問題点

THE LUNG perspectives Vol.26 No.4, 37-42, 2018

世界保健機関(WHO)によると,世界的に2020年の疾患別死亡原因の第3位が慢性閉塞性肺疾患(COPD),第4位が下部呼吸器感染症(肺炎...

8.薬剤とフレイル

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.2 No.1, 51-55, 2018

高齢者は多病ゆえに多剤服用となり,薬物有害事象や服薬アドヒアランス低下などの問題を起こしやすい。そのなかでも薬剤によるフレイ...

院内医薬連携システムとその効果

Pharma Medica Vol.36 No.7, 35-39, 2018

ポリファーマシーは薬物有害事象のリスクを増加させるため1),薬物治療の評価や見直しが重要であり,薬剤師の積極的な関...

ポリファーマシーの問題と原因

Pharma Medica Vol.36 No.7, 9-12, 2018

近年高齢患者におけるポリファーマシーが注目されるようになり,2016年4月の診療報酬改定では,薬物総合評価調整管理料が新設された...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.36 No.7, 7, 2018

超高齢社会を迎え,患者層の中心が75歳以上になる中,生活習慣病などの慢性疾患管理も発想の転換を求められている。その重要なキーワ...

認知症患者の呼吸器病診療

Clinical skills for the patients with respiratory disease complicated by dementia

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 37-40, 2016

「Summary」わが国では2025年に認知症患者が700万人を超え,65歳以上の5人に1人が認知症ということになると予想されている。現在でも...