記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全18件中)

人工膵臓様デバイスによる血糖管理の未来

Pharma Medica Vol.37 No.12, 59-62, 2019

世界的に増加の一途を辿る糖尿病において,インスリン療法は重要な治療手段であるが,低血糖の危険を有するなど,改善の余地は大きい...

Ⅰ.細胞内代謝とイムノメタボリズム

1.細胞内脂質代謝とイムノメタボリズム

The Lipid Vol.30 No.2, 15-21, 2019

近年,細胞応答制御と栄養代謝制御が表裏一体の関係にあることが明らかにされ,そのクロストークの分子機構や慢性炎症における意義が...

特集にあたって

The Lipid Vol.30 No.2, 14, 2019

近年,メタボリックシンドロームや種々の生活習慣病を解くキーワードとして,“慢性炎症”が注目されている.2003年,肥満の進展ととも...

基礎 異所性脂肪と脂肪毒性

Ectopic fat and lipotoxicity

CARDIAC PRACTICE Vol.27 No.4, 17-21, 2016

「はじめに」メタボリックシンドロームでは,脂質異常症,耐糖能障害,高血圧症のリスクが重積し,心臓血管病の発症リスクとなる。メ...

Ⅱ.脂肪毒性の臓器特性 1.脂肪組織における脂肪毒性

The Lipid Vol.27 No.3, 52-57, 2016

「Summary」従来より,遊離脂肪酸が膵β細胞のインスリン分泌障害を惹起することを脂肪毒性とよんでいたが,最近では,脂肪組織以外の...

脂肪組織慢性炎症とインスリン抵抗性

Diabetes Frontier Vol.26 No.3, 326-330, 2015

「はじめに」メタボリックシンドロームの病態基盤に肥満の脂肪組織炎症が大きく関与することが明らかになって久しい。脂肪組織は,従...

Ⅱ.肥満2型糖尿病の分子メカニズム 脂肪組織

The Lipid Vol.26 No.2, 17-23, 2015

「Summary」脂肪組織は余剰エネルギーを中性脂肪として貯蔵するだけでなく,アディポサイトカインと総称される生理活性物質の産生を...

Ⅰ.肥満の基礎 肥満症例における脂肪組織の炎症

Surgery Frontier Vol.20 No.3, 31-37, 2013

「Summary」脂肪組織には, 実質細胞である成熟脂肪細胞と, マクロファージをはじめとする免疫担当細胞などの間質細胞が含まれており,...

ω3多価不飽和脂肪酸

The Lipid Vol.24 No.2, 32-37, 2013

[Summary] 多くの疫学, 臨床研究によって, ω3多価不飽和脂肪酸が心血管疾患のリスクを減少することが明らかになっている. 近年, 動脈...