記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全22件中)

特集にあたって

Pharma Medica Vol.38 No.10, 7, 2020

わが国は2019年に高齢化率28.4%となり,世界一の長寿国である。関節リウマチのように比較的若年者に発症する疾患と異なり,心筋梗塞...

1.AWGS 2019とサルコペニア肥満

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 6-9, 2020

サルコペニアの診断については,2010年のEWGSOPによる診断基準に続き,2014年AWGSからアジア人のための診断基準が出された。その後,...

サルコペニアと摂食嚥下障害 4学会合同ポジションペーパー

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.3 No.1, 67-84, 2019

標記の通り,サルコぺニアと嚥下障害に関する現状での諸問題を整理し,本学会は日本摂食嚥下リハビリテーション学会,日本嚥下医学会...

サルコペニア:定義と診断に関する欧州のコンセンサス改訂の翻訳とQ and A

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.3 No.1, 37-66, 2019

[背景]2010年にEuropean Working Group on Sarcopenia in Older People(EWGSOP)によってサルコペニアの診断と治療を進めるために...

4.社会的フレイル

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.2 No.1, 25-29, 2018

高齢者においては社会的環境がその予後に大きな影響を及ぼしているにもかかわらず,社会的フレイルの定義に関してはコンセンサスがま...

3.危険因子の評価

The Lipid Vol.29 No.1, 34-39, 2018

危険因子とは,その存在,異常,高値,低値が動脈硬化性疾患の発症を増やすものである.動脈硬化性疾患の中には,冠動脈疾患をはじめ...

PCSK9阻害薬によるLDLコレステロール管理の位置づけ

Pharma Medica Vol.36 No.10, 9-13, 2018

スタチンによるLDLコレステロール(LDL-C)低下療法は,心血管イベント(cardiovascular disease;CVD)抑制効果・総死亡抑制効果につい...

1.日本サルコペニア・フレイル学会設立の経緯と社会へ果たす役割

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.1 No.1, 4-6, 2017

平成26年2月に設立された日本サルコペニア・フレイル研究会が,平成28年9月に一般社団法人日本サルコペニア・フレイル学会として生ま...