記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 5件目 (全5件中)

大江透

CARDIAC PRACTICE Vol.30 No.1, 68-69, 2019

このたび,大江透先生の偉大な業績をご紹介させていただくこととなり,弟子の1人として感激しております。大江先生との出会いは...

潜因性脳梗塞と無症候性心房細動

Cardio-Coagulation Vol.4 No.4, 6-13, 2018

脳梗塞はアテローム血栓性脳梗塞,ラクナ梗塞,心原性脳塞栓症,その他の脳梗塞に大きく分類されるが,そのなかでも心原性脳塞栓症は...

座談会 新世代アブレーションを俯瞰する

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.4, 71-77, 2017

青沼 心房細動のアブレーションが1990年代初めから徐々に行われるようになり,発作性心房細動に対するコンセンサスは得られ,現在は...

アピキサバンが良い適応となる病態・患者像とは?

循環器内科の立場から

Cardio-Coagulation Vol.4 No.2, 41-46, 2017

非弁膜症性心房細動(nonvalvular atrial fibrillation:NVAF)に対する抗凝固療法は,ワルファリンに代わる直接作用型経口抗凝固薬...

臨床 薬物によるリズムコントロール療法の適応と実際

Antiarrhythmic drug therapy for AF

CARDIAC PRACTICE Vol.26 No.1, 39-44, 2015

「はじめに」心房細動に対する治療方針には,大きくリズムコントロールとレートコントロールがあるが,その治療方針決定には,患者の...