記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全11件中)

座談会 脳心連関から制御する神経疾患と循環器疾患

CARDIAC PRACTICE Vol.30 No.1, 55-62, 2019

樂木 本日は脳心連関という概念をテーマとして取り上げます。脳卒中や認知症といった脳疾患と心不全や高血圧などの循環器疾...

NEP阻害薬の現状と将来

Current status and the future direction of NEPi

Fluid Management Renaissance Vol.4 No.3, 57-63, 2014

[Summary] ANP, BNPなどのNa利尿ペプチド系は, 以前より高血圧や心不全などの治療標的となりうることが知られていた. しかし, 当初開...

1.脳の老化におけるARBの新展開

New insight of ARB in brain aging

Anti-aging Science Vol.5 No.3, 88-93, 2013

「I はじめに」老化とは時間経過とともに組織が変化し, 生理機能が低下することであり, 脳の老化は認知機能の低下を誘導し, 生活の質...

4. アンジオテンシン受容体と脳障害

Anti-aging Science Vol.5 No.2, 28-32, 2013

「I はじめに」アンジオテンシン受容体と脳障害についての最近の報告を, 基礎実験を中心に概説する. 脳内レニン・アンジオテンシン系...

高血圧より認知症を考える

Anti-aging Science Vol.4 No.3, 115-121, 2012

「I はじめに」2011年の春よりアルツハイマー病の治療薬が数種類使えるようになり, アルツハイマー病が治療できる病気になったという...

ARB

ARB

Angiology Frontier Vol.10 No.1, 24-30, 2011

Summary  アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)は,降圧治療の第一選択薬として『高血圧治療ガイドライン2009(JSH2009)...

第1回 抗凝固とアンチエイジング総論

Anti-aging Science Vol.3 No.1, 59-64, 2011

はじめに  加齢は心血管病,脳血管障害,癌,アルツハイマー病をはじめとする多くの疾患の重要なリスクファクターである....

メタボリックシンドロームと認知機能

Anti-aging Science Vol.2 No.3, 21-25, 2010

「はじめに」 メタボリックシンドロームとは, 内臓脂肪の蓄積によりインスリン抵抗性が起こり, 糖代謝異常(耐糖能異常, 糖尿病), 脂...

ARBによる脳年齢改善

Anti-aging Science Vol.2 No.2, 16-23, 2010

「はじめに」 “脳の老化”という言葉が最近よく使われているが, はっきりとした定義はなく漠然とした言い回しとして使われている. 動...