記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全13件中)

糖尿病患者の血圧管理を考える

DIABETES UPDATE Vol.8 No.3, 4-13, 2019

動脈硬化による大血管疾患のリスク因子である糖尿病と高血圧は,両者が合併すると大血管疾患の発症頻度が増加するだけでなく,腎症,...

座談会 脳心連関から制御する神経疾患と循環器疾患

CARDIAC PRACTICE Vol.30 No.1, 55-62, 2019

樂木 本日は脳心連関という概念をテーマとして取り上げます。脳卒中や認知症といった脳疾患と心不全や高血圧などの循環器疾...

アムロジピン20年の歴史

臨床高血圧-CLINICAL HYPERTENSION- Vol.21 No.1, 3-12, 2015

「降圧薬の歴史」荒川:アムロジピンという非常に特徴のあるCa拮抗薬が発売されてからすでに20年が経過しましたが,本日はその...

各論 血圧評価と診断

Evaluation and diagnosis of blood pressure

CARDIAC PRACTICE Vol.25 No.4, 17-22, 2014

「はじめに」各国のガイドラインなどを踏まえ,わが国では2014年に高血圧治療ガイドライン(JSH2014)が改定された。診察室血圧や診...

高血圧,心血管イベントと骨粗鬆症

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.3 No.4, 8-16, 2013

[塩分摂取量が増えるとカルシウム排泄量が増加し骨が脆弱化] [山岸] いくつかの疫学的研究の結果などから, 高血圧と骨粗鬆症の関連が...

3. 血栓症予防を見据えた血圧管理

Anti-aging Science Vol.5 No.1, 21-25, 2013

「I はじめに」循環器領域において血栓塞栓症を病態とする疾患には, 狭心症や急性心筋梗塞などの急性冠症候群やアテローム血栓性脳梗...

(座談会)交感神経と循環器疾患

CARDIAC PRACTICE Vol.23 No.2, 87-95, 2012

「はじめに」 筒井(司会) 交感神経系は非常に短時間に活性化される強力な血圧の調節機構として古くから知られており, また, 高血圧, ...

特集にあたって

高血圧・糖尿病の臨床トピック-変動性-

Diabetes Frontier Vol.22 No.5, 473, 2011

 高血圧と糖尿病は,脂質代謝異常と並ぶ重要な心血管リスク因子である。これらのリスク因子の管理の最大の目的は心血管疾患の抑制で...