記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全15件中)

男性下部尿路症状・前立腺肥大症の疫学

排尿障害プラクティス Vol.25 No.2, 16-20, 2017

男性下部尿路症状,前立腺肥大症とも,加齢に従って有病率が増加する。加齢に加えて,生活習慣病に関連する因子や前立腺腫大など,進...

抗コリン薬やβ₃作動薬が適応となるmale LUTSとは?

排尿障害プラクティス Vol.24 No.2, 43-50, 2016

過活動膀胱は,加齢とともに有症状率が高くなることがわが国の疫学調査で明らかになっている。特に50歳以上では,男性で頻度が高い結...

特集に寄せて

排尿障害プラクティス Vol.24 No.2, 15, 2016

Male LUTSの原因は多彩ですが,前立腺肥大症(BPH)に起因する下部尿路症状(LUTS),すなわちBPH/LUTSが最も多いと思われます。しか...

第84回感染機構と防御機構 多剤耐性の遺伝子発現

Surgery Frontier Vol.22 No.1, 52-55, 2015

「はじめに」多剤耐性菌は大きく4つの機序で薬剤耐性を獲得するとされる。①薬剤に対する作用部位の改変・保護②抗菌剤の...

BPHの自然史として:治療との関連において

排尿障害プラクティス Vol.20 No.4, 18-23, 2012

前立腺肥大症の自然史の検討によると, 臨床的進行の危険因子として, 加齢, 前立腺腫大, 前立腺特異抗原高値, 下部尿路症状, 生活の質...

LUTS, BPH の自然史と治療への示唆

排尿障害プラクティス Vol.19 No.4, 13-20, 2011

 近年,5αリダクターゼ阻害薬を用いたランダム化比較試験の結果が報告され,前立腺体積は前立腺肥大症における下部尿路症状の進行と...

過活動膀胱の治療経験

排尿障害プラクティス Vol.19 No.3, 19-24, 2011

 過活動膀胱症例に対する治療は,抗コリン薬による薬物療法が中心となる.近年,複数の抗コリン薬が使用可能となり,薬物療法の選択...