記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全43件中)

5 治療

②食道がん外科治療の変遷と展望

THE GI FOREFRONT Vol.15 No.1, 41-44, 2019

食道がん根治手術は,系統的3領域リンパ節郭清を伴う高難度手術である。近年では低侵襲手術として拡大視効果を有する胸腔鏡・腹腔鏡...

内視鏡手術支援ロボット下胃癌手術の現状と展望

胃がんperspective Vol.10 No.2, 22-29, 2019

内視鏡手術支援ロボットda Vinci® Surgical Systemは三次元の視野のもとに,自由度の高い鉗子を用いて,手指の震えのない繊細な手術...

子宮体がんにおける低侵襲手術の現況

Pharma Medica Vol.37 No.2, 57-61, 2019

子宮体がんの初回治療は手術療法であり,手術で摘出困難なⅣ期症例を除いては原則手術療法が施行される。手術術式は,子宮摘出術式と...

子宮頸がんにおける低侵襲手術の現況

Pharma Medica Vol.37 No.2, 33-38, 2019

子宮頸がんに対する腹腔鏡下広汎子宮全摘出術は,1992年にNezhatらにより初めて報告され,欧米では,多くの施設で導入されている。わ...

肝癌手術ナビゲーションの進歩

The Liver Cancer Journal Vol.10 No.2, 38-46, 2018

肝臓外科手術は,管腔臓器に比べ脈管・胆管系の局所解剖は実質に覆われており複雑でバリエーションに富んでいるため,1つの誤認が致...

子宮筋腫の手術療法

(2)子宮全摘の低侵襲化とその限界

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.25 No.2, 51-55, 2018

現在,子宮全摘には,腹式,腟式,腹腔鏡下の3つのアプローチがある。腹式子宮全摘には適応の限界はないが,腹式手術の低侵襲化とし...

大腸T1(SM)癌外科手術の治療成績

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 23-28, 2017

大腸T1(SM)癌は早期癌に分類されるものの,リンパ節転移や血行性転移を有する症例もあるため,適切な治療が求められる。一部の大腸...

胃癌に対する開腹手術と集学的治療

Pharma Medica Vol.35 No.5, 29-32, 2017

早期胃癌に対する腹腔鏡下手術が着実に普及する一方で,進行胃癌に対する開腹手術の大規模臨床試験の結果が出揃ってきた。また新規薬...

卵子および卵巣組織の凍結

Cryopreservation of oocytes and ovarian tissue.

Pharma Medica Vol.34 No.4, 25-30, 2016

「はじめに」癌診療と妊孕性温存の両立を目指す「oncofertility(癌・生殖医療)」の一環として,思春期以降の未婚女性では,未受精...