記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全175件中)

6. 腸内細菌のリポクオリティと生体制御

The Lipid Vol.30 No.4, 51-57, 2019

宿主の消化管に共生する多種多様な腸内細菌が,宿主全身の恒常性維持に影響を及ぼすことが明らかとなっている.近年,その分子メカニ...

腸内細菌叢と周産期医療

腸内細菌叢の乱れと小児疾患の関係

Fetal & Neonatal Medicine Vol.11 No.2, 33-38, 2019

ヒトの身体にはさまざまな常在細菌が定着しており,その種類は約1,000種類,個体数にすると100兆以上といわれている1)...

腸内細菌叢と周産期医療

新生児期の腸内細菌叢が健康にいつまで影響するか?

Fetal & Neonatal Medicine Vol.11 No.2, 25-32, 2019

腸内細菌叢(gut microbiota)をキーワードとしてPubMedで検索すると,2000年までは10件以下であったが,13件(2001年),32件(2002...

腸内細菌叢と周産期医療

腸内細菌叢とプロバイオティクスによる早産の抑制

Fetal & Neonatal Medicine Vol.11 No.2, 20-24, 2019

早産は概して単一の疾患として取り扱われがちであるが,現在では感染,血管病変,脱落膜の細胞老化,子宮過伸展,プロゲステロンの作...

腸内細菌と大腸がん

大腸がんperspective Vol.4 No.2, 39-44, 2019

ヒトの腸内には500~1,000種類からなる約100兆個の細菌が存在しており,腸内細菌叢という一種の生態系が形成されている。生活習慣や...

老化と線維化

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.3, 52-57, 2019

線維化は,多くの加齢性疾患や慢性炎症性疾患における共通の病理組織学的特徴である。高齢者の重大な死因である末期の肝不全や腎不全...

IBDにおけるマイクロバイオーム最前線

Pharma Medica Vol.37 No.7, 81-86, 2019

炎症性腸疾患(IBD)は再燃寛解を繰り返す慢性炎症性腸疾患で,原因不明であるが,遺伝的素因・環境因子・腸管免疫が複合的に関与し...

マイクロバイオーム研究の可能性

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 56-63, 2019

各種がん領域において免疫チェックポイント阻害薬(ICI)が非常に注目されている。しかし,効果が得られる患者は一部であり,稀では...

特別講演 免疫チェックポイント阻害薬の現在

THE GI FOREFRONT Vol.14 No.2, 31-32, 2019

従来の免疫療法はすべて,リンパ球を活性化させて癌を攻撃させるという刺激系のものであった。しかし実は,癌はprogrammed death(PD...