記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全24件中)

(座談会)脂質低下療法と脳卒中-PCSK9阻害薬の登場-

脳と循環 Vol.21 No.3, 11-20, 2016

「脳卒中治療ガイドライン2015」における脂質異常と脳卒中北川(司会):脳卒中の発症・再発予防に関してはこれまでスタチン(HM...

アセタゾラミド適正使用指針

脳と循環 Vol.21 No.2, 64-65, 2016

「はじめに」2015年4月に,日本脳卒中学会,日本脳神経外科学会,日本神経学会,日本核医学会の連名で,「アセタゾラミド(ダイアモ...

無症候性脳血管障害へのアプローチ

Management of asymptomatic cerebrovascular disorders

脳と循環 Vol.20 No.3, 49-54, 2015

「SUMMARY」わが国は,脳ドックや画像診断装置の普及により,無症候性脳血管病変が発見されることが多いと考えられる.無症候性であ...

くも膜下出血治療update

Management of aneurysmal subarachnoid hemorrhage

脳と循環 Vol.20 No.3, 45-48, 2015

「SUMMARY」今回,くも膜下出血の章において脳卒中治療ガイドライン2009から変更または追加された部分は,「初期治療」,「脳動脈瘤―...

脳出血の治療

Management of intracerebral hemorrhage

脳と循環 Vol.20 No.3, 39-43, 2015

「SUMMARY」脳出血の治療についてはエビデンスの乏しい分野である.最近,脳出血急性期治療に関しては重要な知見が加わり,脳出血急...

脳梗塞再発予防のための抗血栓療法

Antithrombotic therapy for the secondary prevention of cerebral infarction

脳と循環 Vol.20 No.3, 31-38, 2015

「SUMMARY」脳卒中治療ガイドライン2009の発表から6年が経過し,脳梗塞慢性期の抗血栓療法は大きな変革期を迎えている.抗凝固薬とし...

脳梗塞急性期の脳血管内治療

Endovascular recanalization therapy for acute stroke

脳と循環 Vol.20 No.3, 27-30, 2015

「SUMMARY」中大脳動脈に対する限定的な局所線溶療法しか有効性が示せなかった血管内再開通療法は,2014~2015年に前方循環系の主幹...

脳卒中急性期患者の全身管理

The management of patients with acute ischemic stroke

脳と循環 Vol.20 No.3, 19-25, 2015

「SUMMARY」この度,脳卒中治療ガイドライン2015が発行された.前回のガイドライン発表から6年が経過しているが,その間にrt-PA静注...

(座談会)脳卒中治療ガイドライン2015の意義と今後の課題

脳と循環 Vol.20 No.3, 11-18, 2015

「わが国における「脳卒中治療ガイドライン2015」の特徴」峰松(司会):近年,科学的根拠に基づく医療(EBM)が強く提唱され...

頭蓋内動脈狭窄症に対する新しい血管内治療

脳と循環 Vol.20 No.2, 65-68, 2015

「頭蓋内動脈狭窄症の自然歴」アジアにおける無症候性頭蓋内動脈狭窄症の罹患率は人口の13%程度と報告されており1)2),欧米より頻...