記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 7件目 (全7件中)

ウイルス制御時代の肝癌診療

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.1, 9-16, 2016

B型肝炎・肝癌診療における核酸アナログ薬の登場,そしてC型肝炎・肝癌診療におけるdirect acting antivirals(DAA)製剤の登場によ...

世界における肝細胞癌の予後を決めるもの

The Liver Cancer Journal Vol.6 No.3, 15-23, 2014

肝細胞癌 (HCC) に対するソラフェニブの治療効果を世界5地域で大規模に検討したGIDEON試験では, 全世界共通プロトコルで実施された結...

第7回優秀演題論文集 Session9 血管新生関連サイトカインによる進行肝細胞癌の治療効果・予後予測

The Liver Cancer Journal Vol.5 No.2, 68-69, 2013

「はじめに」切除不能進行肝細胞癌への治療として, 本邦ではソラフェニブや肝動注化学療法(HAIC)が広く施行されている. ソラフェニブ...

肝細胞癌治療における背景肝病変の意義

The Liver Cancer Journal Vol.3 No.4, 13-24, 2011

 わが国の肝細胞癌(以下,肝癌)の多くは,C型およびB型肝炎ウイルスへの感染を起因とするが,近年これらのウイルス感染を原因とせ...

第4回優秀演題論文集 Session3 血管新生関連サイトカインによるソラフェニブ効果予測

The Liver Cancer Journal Vol.3 No.4, 70-71, 2011

はじめに  ソラフェニブは進行肝細胞癌に対する標準的治療の1つとして広く用いられている。その主要な作用機序の1つとして...

第2回優秀演題論文集 Session3 肝細胞癌ソラフェニブ治療の現状

The Liver Cancer Journal Vol.2 No.4, 66-67, 2010

「背景」進行肝細胞癌の治療法として, ソラフェニブは経口薬であるという利便性もあり, 多くの施設で用いられている. アジア人は, 皮...