記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全55件中)

6. 腸内細菌のリポクオリティと生体制御

The Lipid Vol.30 No.4, 51-57, 2019

宿主の消化管に共生する多種多様な腸内細菌が,宿主全身の恒常性維持に影響を及ぼすことが明らかとなっている.近年,その分子メカニ...

核内受容体FXR─大腸炎,大腸発がん抑制への可能性

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.2, 62-67, 2019

炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎,クローン病は,厚生労働省特定疾患医療受給者証交付件数でみると,2006年度ではそれぞれ9万627人...

胆汁酸・腸内細菌を標的にした大腸がん予防

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.2, 56-61, 2019

わが国における大腸がんの罹患率と死亡率は増加傾向にあり,2016年の統計では,がんの死亡数のなかで男性では大腸がんが第3位,女性...

胆汁酸代謝調節によるメタボリックシンドロームの予防

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.2, 49-55, 2019

肝臓でコレステロールから合成される胆汁酸は,単に脂質の消化吸収を促進するだけでなく,生体内シグナル伝達分子として全身の代謝を...

消化器生活習慣病における酸化ステロールの意義

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.2, 36-42, 2019

酸化ステロールはコレステロールの酸化物であり,付加した酸素の位置によって多くの種類が存在する。酸化ステロールにはコレステロー...

核内受容体を標的とした胆汁酸代謝治療薬の展望

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.2, 30-35, 2019

核内受容体は,遺伝子の転写活性を制御している転写因子である。ヒトでは48種類報告されており,7つのサブグループ(NR0~6)に分け...

特集にあたって

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.2, 19, 2019

「渡辺,今度一緒に,アンチ・エイジング医学の胆汁酸特集をやるぞ」あの張りのある声で連絡がやってきた。松﨑先生はいつもそんな感...