記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全138件中)

Ⅱ腸内細菌と代謝疾患

腸内細菌と肥満症

Pharma Medica Vol.38 No.12, 41-45, 2020

ヒトの腸内細菌が有する遺伝子数はヒト細胞の100倍にも及び,また腸内細菌が腸管内で産生する代謝産物が宿主の臓器にさまざまな影響...

低炭水化物食における分子栄養メカニズム

Pharma Medica Vol.38 No.9, 79-83, 2020

近年,低炭水化物食や断続的断食に代表される擬似絶食療法は,その独自性や特殊性から薬物治療と異なる代替療法として,肥満症や糖尿...

2.サルコペニア肥満とobesity paradox

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 10-15, 2020

Obesity paradoxとは,肥満者は標準体重者に比較して死亡リスクの低下が認められるという現象で,肥満の病態学的意義を考える上で注...

9.肥満症診療ガイドライン2016

高尿酸血症と痛風 Vol.27 No.2, 66-68, 2019

肥満・内臓脂肪蓄積は,尿酸の排泄低下および尿酸産生過剰をもたらし,高尿酸血症の発症に大きく寄与している。そのため,高尿酸血症...

Ⅱ.全身代謝とイムノメタボリズム

3.視床下部炎症とイムノメタボリズム

The Lipid Vol.30 No.2, 55-60, 2019

動脈硬化症は炎症性疾患である,というパラダイムシフトから30年,今,肥満症をはじめとする代謝疾患における慢性炎症の病因論的意義...

Round Table Discussion 座談会 皮膚と脂肪

─その新たな関係を探る─

Bella Pelle Vol.3 No.4, 6-13, 2018

肥満は,脂肪組織に脂肪が過剰に蓄積した状態である.最近の研究から,実はその脂肪組織が種々のサイトカインを分泌し,一種の内分泌...