記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 7件目 (全7件中)

糖尿病と肝疾患・疫学

Diabetes Frontier Vol.28 No.6, 673-677, 2017

わが国の「平成27年国民健康・栄養調査」によると,40歳から74歳までの約3分の1が糖尿病に代表されるメタボリックシンドローム,また...

嗜好品や食品による肝発癌抑制の可能性

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.1, 25-28, 2016

「Summary」最近,肝細胞癌と肥満,糖尿病,非アルコール性脂肪性肝疾患との関連が注目され,生活習慣である嗜好品や食事による肝細...

代謝要因からみた肝発癌抑制

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.1, 18-24, 2016

「Summary」抗ウイルス薬であるDirect-acting antivirals(DAA)の出現によって,今後C型慢性肝炎におけるウイルス排除効率は大きく...

第9回優秀演題論文集 Session6 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ療法におけるBCAA顆粒製剤併用の有用性

The Liver Cancer Journal Vol.6 No.2, 62-63, 2014

「背景」肝癌は世界で6番目に多い癌で, 全世界で癌関連死原因の第2位である. 78万例以上の肝癌が毎年世界中で診断され, その罹患率は...

(2)分岐鎖アミノ酸と肝細胞癌抑制

The Liver Cancer Journal Vol.2 No.3, 32-36, 2010

『Summary』 肥満や糖尿病, インスリン抵抗性は肝発癌の危険因子である. 分岐鎖アミノ酸製剤は慢性肝疾患に伴う蛋白栄養障害を改善す...

診断 発癌予防

Pharma Medica Vol.25 No.6, 25-28, 2007

「はじめに」慢性肝疾患では, 炎症の長期持続によって慢性肝炎から肝硬変に至り, 発癌のポテンシャルは徐々に高まっていく. 肝炎ウイ...