記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全325件中)

新着【総説】IO時代の効果予測BIOMARKER

Pharma Medica Vol.38 No.2, 15-18, 2020

T細胞上のprogrammedcell death protein 1(PD-1)やcytotoxic T lymphocyte antigen 4(CTLA-4)とリガンドの結合を阻害することでT...

2018/2019年シーズンの当院におけるインフルエンザ発生状況─インフルエンザ治療薬,特にゾフルーザ®(バロキサビル マルボキシル)の使用経験について─

インフルエンザ Vol.20 No.4, 49-55, 2019

われわれは2015年より毎年インフルエンザの発生動向および抗インフルエンザ薬の効果を調査しているが,2018年より従来の抗インフルエ...

バロキサビル マルボキシルの耐性について

インフルエンザ Vol.20 No.4, 45-47, 2019

新規抗インフルエンザ薬バロキサビル マルボキシルが,発売後初めての本格的なインフルエンザシーズンを経験した.1回投与の便利さと...

呼吸器感染症の迅速診断法について

インフルエンザ Vol.20 No.4, 23-32, 2019

呼吸器感染症における迅速診断キットはPOCT(point of care testing)のひとつであり,その結果から病原診断が可能であり,治療方針...

バロキサビル マルボキシルの是非

インフルエンザ Vol.20 No.4, 7-13, 2019

河岡(司会) 2018年に発売が開始されたバロキサビル マルボキシル(以下バロキサビル)について,さまざまな立場の先生方に...

小児呼吸器感染症に関する最近の話題

up-to-date 子どもの感染症 Vol.7 No.1, 32-35, 2019

近年,インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン普及により,髄膜炎を主体とする侵襲性インフルエンザ菌感染症は激減しました.ただ,呼吸...

NCI・NIH満屋研究室:HIV・AIDS治療薬の研究・開発

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.10 No.1, 69-76, 2019

AIDSという致死的な未知の病を相手にして挑んだNCIの1研究室で,世界で最初のHIV感染症/AIDS治療薬ジドブジン(AZT)が免疫学・ウイ...