記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全49件中)

東京女子医科大学消化器病センター消化器外科における肝細胞癌治療の取り組み

診療科の垣根を越え,手術はもとより病理を含めた臨床診断,RFA,TACE,化学療法の知識・技術を備えた集学的な治療を提供

The Liver Cancer Journal Vol.11 No.1, 36-40, 2019

東京女子医科大学消化器病センターは,1965年に当時消化器外科客員教授であった中山恒明先生によって消化器外科,消化器内科,放射線...

ケミカルコーピングとオピオイド鎮痛薬

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.2, 46-47, 2017

本稿では,わが国では主に緩和医療領域で用いられているケミカルコーピングという用語を,薬物依存症治療を専門とする精神科医の立場...

緩和医療における便秘治療の重要性と実際の治療

Pharma Medica Vol.35 No.9, 39-43, 2017

昨今の癌治療の進歩は著しく,より長い生存が期待できる分野も増えてきた。生存期間が長くなることは,病悩期間も長くなることを意味...

特集にあたって

なぜ今さら便秘診療に注目するのか 診療科横断的疾患としての慢性便秘症

Pharma Medica Vol.35 No.9, 7-8, 2017

これまでの慢性便秘診療は医師も患者も疾患として「治すべき病気」と捉えない傾向がわが国では強かった。患者の多くは医療機関に行か...

高齢者肺炎の治療の実際

~治療のゴールをどこに置くか~

Pharma Medica Vol.35 No.8, 13-16, 2017

わが国における肺炎の死亡数は,2016年においておよそ114,000人であり,2011年以来死亡原因の第3位となっている1)。また...

臨床 超高齢社会における緩和医療と終末期ケア

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 47-50, 2017

日本における高齢化は60歳以上が人口の30%,75歳以上が15%以上となり,世界に先駆けて超高齢社会へ突入している。低侵襲手術,移植...

緩和ケアチームが知っておきたい多様化するオピオイドの薬理学特性

Pharmacological characteristics of the various opioids for palliative care team

がん患者と対症療法 Vol.26 No.1, 30-38, 2015

「Summary」近年,がん疼痛治療に使用できるオピオイドの選択肢が広がった。その大半はμオピオイド受容体作動薬であるが,それぞれ薬...