記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全87件中)

Ⅰ 特発性間質性肺炎の診療 疫学

Pharma Medica Vol.38 No.3, 9-12, 2020

原因不明な間質性肺炎の総称である特発性間質性肺炎(idiopathic interstitial pneumonias:IIPs),そのなかでも患者数が多く予後不...

解明されるがんにおける細胞老化の役割

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 58-62, 2019

細胞老化は本来細胞のがん化に対する防御機能であると考えられてきたが,細胞老化ががん化のメカニズムにもなることが分かってきた。...

腸内細菌叢と周産期医療

腸内細菌叢とプロバイオティクスによる早産の抑制

Fetal & Neonatal Medicine Vol.11 No.2, 20-24, 2019

早産は概して単一の疾患として取り扱われがちであるが,現在では感染,血管病変,脱落膜の細胞老化,子宮過伸展,プロゲステロンの作...

老化と線維化

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.3, 52-57, 2019

線維化は,多くの加齢性疾患や慢性炎症性疾患における共通の病理組織学的特徴である。高齢者の重大な死因である末期の肝不全や腎不全...

肥満と免疫老化

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.3, 48-51, 2019

総務省統計局の発表から,日本における2016年の65歳以上の人口は3,461万人で,総人口の27.3%を占めている。また,65歳以上の高齢化...

ショウジョウバエにおける細胞老化とSASPの制御機構

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.3, 24-29, 2019

細胞老化は細胞周期が不可逆的に停止する現象であり,Hayflickによるマウス線維芽細胞の長期培養実験によって見出された1)

「専門医・指導士のためのQ&A」

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.6, 97-99, 2018

「専門医・指導士のためのQ&A」Q1 免疫チェックポイント阻害剤によるがん治療について誤っているのはどれか。Q2 細胞老化の...

Manuel Serrano

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.6, 4-9, 2018

マニュエル・セラーノ先生は,スペイン・バルセロナでエイジング研究をしている著名な先生だ。特にCellular Senescence(細胞老化)...

DNA損傷応答と細胞老化,個体老化

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.5, 80-86, 2018

今から50年以上前に米国のヘイフリック博士は,ヒトの正常細胞を試験管のなかで培養すると,ある一定回数の分裂の後(分裂寿命)に増...

James L. Kirkland

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.5, 4-15, 2018

カークランド先生は世界的に有名な老化研究の大家だ。特に細胞老化についての研究は卓越しており,以前より興味深く論文を拝見してい...