記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全57件中)

Ⅱ 糖尿病性腎臓病 Clinical 2020 ~Current and Future Therapeutic Strategies~

バルドキソロンメチルへの期待

Pharma Medica Vol.38 No.9, 57-61, 2020

バルドキソロンメチルは新規の合成トリテルペノイドであり,もともと抗がん剤として開発された。トリテルペンは6つのイソプレンから...

慢性腎臓病の食事療法(高齢者の場合)

Pharma Medica Vol.38 No.5, 58-61, 2020

慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)とは、以下のいずれか、または両方が3ヵ月以上持続する場合に診断されます。1.腎障...

慢性腎臓病の食事療法

Pharma Medica Vol.36 No.1, 68-71, 2018

慢性腎臓病(CKD)は、今や糖尿病と並ぶ生活習慣病として挙げられる疾患と称されています。特にそのピークは、60歳代以降の高齢者が多...

Functional MRI(特にBOLD MRI)を用いたCKDの評価

Pharma Medica Vol.36 No.1, 23-27, 2018

持続する蛋白尿と糸球体濾過量の低下で定義される慢性腎臓病(chronic kidney disease;CKD)は原疾患を問わない。実際に,慢性糸球体...

7.水分摂取の奨励

-尿路結石症と尿路管理を中心に

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 52-57, 2017

高尿酸血症・痛風患者では尿路結石が高率に合併することが知られている。これは高尿酸血症・痛風患者の特徴である高尿酸尿症と酸性尿...

腎機能低下に伴う水・電解質排泄キャパシティ

Water -and electrolyte- excreting capacity under renal dysfunction

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.3, 15-20, 2016

「Summary」腎臓は体内の水分と組成の調整を担っており,糸球体濾過と尿細管における再吸収・排泄がその機能を果たす。糸球体濾過が...

糖尿病性腎症の進展予測マーカー~アルブミン尿とeGFRのどちらが有用か,それらに代わるマーカーはないか~

Which biomarker is more useful for prediction of progression of diabetic nephropathy: albuminuria or estimated GFR?, and also are there any surrogate markers as an alternative to those in the clinical setting of this disease?

Pharma Medica Vol.34 No.6, 15-20, 2016

「はじめに」糖尿病性腎症(以下,腎症)は,微量アルブミン尿が確認できれば臨床的に早期腎症と診断され,糸球体濾過量(GFR)測定...

4.無症候性高尿酸血症の治療 3)糖尿病の合併について

Complication of diabetes mellitus

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 56-60, 2016

「Summary」高尿酸血症と糖尿病の関連は多くの報告により,よく知られるようになってきたがその詳細はいまだ明らかではない。糖尿病...

腎ドプラ法を用いたうっ血性心不全における腎実質内血行動態評価

Renal hemodynamic evaluations by renal Doppler echo in congestive heart failure

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.1, 42-47, 2016

「Summary」慢性心不全における心臓と腎臓との連関(心腎連関)は重要な病態であり,中心静脈圧の上昇によって生じる腎臓のうっ血が...